ホーム > 最新情報(2017年度) > インプラント周囲炎を引き起こすバイオフィルムの洗浄に成功 -歯学部・山本教授らの研究チームが発表-

インプラント周囲炎を引き起こすバイオフィルムの洗浄に成功 -歯学部・山本教授らの研究チームが発表-

2017年12月27日

【発表のポイント】
●インプラント周囲炎注1の原因となるインプラントフィクスチャー表面に付着するバイオフィルムをキャビテーション注2という泡を使って洗浄できることを実証しました。
● 超音波ではなく、ベンチュリ管注3を使ってキャビテーションを発生させるので、効率よくキャビテーションを発生できます。
● インプラントフィクスチャーのネジ谷部やミクロな粗面の凹凸部といった歯ブラシなど清掃器具の到達困難な部位の洗浄を安全かつ効果的に行うことができます。

【発表概要】
歯を失った場合の対応の一つとして、歯科用インプラントがありますが、口腔内環境や習慣により歯周病と類似した症状を示すインプラント周囲炎が大きな問題になっています。特に、生体適合性を高めるためにμmオーダの凹凸が付与されたインプラントフィクスチャーには、歯ブラシの毛先が届かずバイオフィルムを除去することが困難です。
本学歯学部歯周病学講座の山田純輝 助教、同 滝口尚 講師、同 山本松男 教授と東北大学大学院工学研究科ファインメカニクス専攻の祖山均 教授などからなる研究チームは、μmオーダの凹凸が付与されたインプラントのフィクスチャーに付着したバイオフィルムをキャビテーションという泡を使って洗浄できることを実証しました。
本研究成果は、歯科用インプラントの専門誌「Implant Dentistry」誌に平成29年12月1日に掲載されました。なお、本研究の一部は、科学技術振興機構の助成を受けて行われました。


【論文情報】
雑誌名:「Implant Dentistry」(2017年12月1日掲載)
論文タイトル:Removal of Oral Biofilm on an Implant Fixture by a Cavitating Jet
著者:山田純輝、滝口尚、斉藤彰大、小田中響、祖山均、山本松男
DOI番号:doi:10.1097/ID.0000000000000681
アブストラクト:「Implant Dentistry



【インプラント周囲炎】
インプラント周囲の炎症性病変のうち、インプラント周囲支持骨の吸収が生じ歯冠側より骨との結合が徐々に失われ進行した状態をいう。

【詳細】 プレスリリース

ページ先頭へ戻る

「最新情報(2017年度)」に戻る

    • インプラント周囲炎を引き起こすバイオフィルムの洗浄に成功 -歯学部・山本教授らの研究チームが発表-
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000