ホーム > 最新情報(2018年度) > 【大学プレスリリース】昭和大学歯科病院が歯科大学病院として日本で初めて矯正歯科治療にう蝕の予防管理プログラム「CAMBRA(TM)」を導入しました

【大学プレスリリース】昭和大学歯科病院が歯科大学病院として日本で初めて矯正歯科治療にう蝕の予防管理プログラム「CAMBRA(TM)」を導入しました

2018年6月5日

昭和大学歯科病院では、歯科大学病院として 日本で初めてとなる「う蝕の予防管理プログラム・CAMBRA」を導入採用。
治療中のう蝕リスクが高まる歯列矯正において、口腔内環境のリスクバランスを継続的に管理し、真の患者利益に繋がる 健康な口腔内環境の完成を目指していくことといたしました。

つづきは大学プレスセンターの記事をご覧ください。

ページ先頭へ戻る

「最新情報(2018年度)」に戻る

    • 【大学プレスリリース】昭和大学歯科病院が歯科大学病院として日本で初めて矯正歯科治療にう蝕の予防管理プログラム「CAMBRA(TM)」を導入しました
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000