ホーム > 最新情報(2018年度) > 昭和大学ライディングチームが全日本実業団障害馬術大会で準優勝をしました

昭和大学ライディングチームが全日本実業団障害馬術大会で準優勝をしました

2019年2月8日

大学公認サークルの昭和大学ライディングチームが第56回全日本実業団障害馬術大会(栃木県壬生乗馬クラブ1月19~20日)で、準優勝を果たしました。
同大会は日本社会人団体馬術連盟主催のもと行われ、昭和大学ライディングチームは決勝トーナメントにおいて、警視庁乗馬同好会、日本アイ・ビー・エム(株)馬術部に白星をあげましたが、決勝戦で惜しくも富士通(株)馬術部に2対1で負けました。
昭和大学ライディングチームのメンバーは、龍家圭(臨床薬理研究所 講師)、李太喜(薬学部社会健康薬学講座医薬品評価薬学部門 客員講師)、広川英峻(富士吉田校舎学生教育環境設備整備・課外活動支援室 学務員)の三名が出場し、李客員講師が技能選手賞に輝きました。今回の準優勝で、第46回大会優勝以来2度目の表彰台となりました。
昭和大学ライディングチームは、大学公認サークルとして日本社会人団体馬術連盟主催の競技会への参加や、昭和大学馬術部の指導などの活動を行っています。
 

  •  
  •  

    李太喜・龍家圭・広川英峻

ページ先頭へ戻る

「最新情報(2018年度)」に戻る

    • 昭和大学ライディングチームが全日本実業団障害馬術大会で準優勝をしました
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000