ホーム > 最新情報(2019年度) > 附属病院看護業績賞表彰式を執り行いました

附属病院看護業績賞表彰式を執り行いました

2019年4月24日

4月19日、平成30年度附属病院看護業績賞表彰式を旗の台キャンパスで執り行いました。
本賞は業績、人物、ともに優秀と認められた看護職員に授与しています。今年度は8件の業績が認められ表彰となり、小口勝司理事長より一人ひとりに楯が手渡されました。
業績内容は以下のとおりです。
 

  •  

看護師による死亡診断、死亡診断書作成の是非についての意識調査

所属名:保健医療学部
受賞者:西田幸典(准教授)
受賞業績:研究
業績内容:看護師による死亡診断、死亡診断書作成の是非についての意識調査

退院前後の訪問指導体制の整備による、ニーズに沿った在宅移行支援

所属名:昭和大学病院
受賞者:佐藤陽子(係長/専門看護師)
受賞業績:業務
業績内容:退院前後の訪問指導体制の整備による、ニーズに沿った在宅移行支援

残業削減プロジェクト管理にダイアグラムを活用して

所属名:藤が丘病院
受賞者:樋口恵子(師長)
受賞業績:研究
業績内容:残業削減プロジェクト管理にダイアグラムを活用して

セミナー開催による連携・退院保進・病床稼働率の上昇と新規入院患者の増加

所属名:藤が丘病院
受賞者:川口綾子(主査)、佐藤真樹子(主査)、寺澤知子(係長)、橋口深雪(主査)、萩原木染(主査)、松林幸子(係長)、松本明子(係長)、宮脇智子(係長)
受賞業績:その他
業績内容:セミナー開催による連携・退院保進・病床稼働率の上昇と新規入院患者の増加

がん終末期患者(家族)の意思決定支援システムの構築

所属名:藤が丘病院
受賞者:松林幸子(係長/認定看護師)
受賞業績:業務
業績内容:がん終末期患者(家族)の意思決定支援システムの構築

小児患者に安心できる手術室入室環境の提供

所属名:藤が丘病院
受賞者:櫻田亜希子(認定看護師)
受賞業績:業務
業績内容:小児患者に安心できる手術室入室環境の提供

NICU/GCUにおける接触予防策を強化した多剤耐性菌割合の低減

所属名:横浜市北部病院
受賞者:福岡絵美(師長/認定看護師)
受賞業績:業務
業績内容:NICU/GCUにおける接触予防策を強化した多剤耐性菌割合の低減

アクションリサーチ法を用いた看護記録の課題への取り組み

所属名:横浜市北部病院
受賞者:有馬理加(師長)
受賞業績:研究
業績内容:アクションリサーチ法を用いた看護記録の課題への取り組み

ページ先頭へ戻る

「最新情報(2019年度)」に戻る

    • 附属病院看護業績賞表彰式を執り行いました
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000