ホーム > 最新情報(2019年度) > 【大学プレスリリース】がん細胞のHER2遺伝子変異がHER2を標的とした抗体薬物複合体(ADC)の効果を予測するバイオマーカーになりうることを示唆する臨床試験の結果を発表

【大学プレスリリース】がん細胞のHER2遺伝子変異がHER2を標的とした抗体薬物複合体(ADC)の効果を予測するバイオマーカーになりうることを示唆する臨床試験の結果を発表

2020年3月26日

学校法人昭和大学(東京都品川区/理事長:小口勝司)が設置する昭和大学先端がん治療研究所(東京都品川区/所長:鶴谷純司)の鶴谷純司教授、Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのDr. Bob Liを中心とする研究グループは、「HER2高発現、あるいは同遺伝子変異を有する固形腫瘍における新規ADC、トラスツズマブデルクステカンの有効性と安全性を示し、がん細胞のHER2遺伝子変異が治療効果を予測する」との結論を導き、その研究成果が米国がん学会(AACR)機関誌『Cancer Discovery』に3月25日付で発表された。さらに、同グループはReverse Translation Researchで「HER2遺伝子変異を有するがんではHER2発現を伴わなくてもADCの効果が高い」ことを突き止め、同誌に同時掲載された。
 
つづきは、大学プレスセンターの記事をご覧ください。 
関連リンク

ページ先頭へ戻る

「最新情報(2019年度)」に戻る

    • 【大学プレスリリース】がん細胞のHER2遺伝子変異がHER2を標的とした抗体薬物複合体(ADC)の効果を予測するバイオマーカーになりうることを示唆する臨床試験の結果を発表
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000