ホーム > 学校紹介 > 理念・目標

理念・目標

本校の設置目的や教育理念、教育目標をご紹介します。

設置目的

昭和大学医学部附属看護専門学校は、私立学校法、学校教育法、及び保健師助産師看護師法に基づき看護師を育成するために必要な専門的教育を施し、もって社会福祉に貢献することを目的とします。

教育理念

本校は、「至誠一貫」と「清楚な美」を基に、社会に貢献し、看護の探求と誇りをもつことができる人材を育みます。

看護を志す人として、広く人を愛し、どのような時も常に真心を持ち相手の立場に立って考えるという誠実さを貫き、姿かたちだけの美しさだけではなく、内面的な真摯さや謙虚さをも含めた資質を土台に備えられる人材を育みたい。また、看護専門職者として基礎的な知識・技術・態度を養うとともに、豊かな知性と判断力を高めることで社会の要請に応じ、個人から国際社会まで広く貢献し、実践・研究・教育など常に看護を探究する努力を続け、そして看護専門職者としての誇りが持てる看護実践者を育成することを目指しています。

教育目標

  1. 看護を志す人として、広く人を愛し、尊重する優しさのある心を育みます。
  2. 人間を統合された存在として理解し、あらゆる健康上のニ-ズに応じた看護を実践できる基礎的能力を養います。
  3. 社会のニ-ズを理解し、保健・医療・福祉における組織の一員としての看護の役割を果たす能力を養います。
  4. 専門職業人としての倫理に基づいた行動ができる能力を養います。
  5. 科学的・論理的思考能力を身につけます。
  6. 専門職業人として自己啓発する姿勢を身につけます。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ