ホーム > 最新情報(2018年度) > 卒業式を挙行しました

卒業式を挙行しました

3月1日、第53回卒業式を昭和大学上條講堂で挙行しました。152名が卒業を迎え、久光正学校長から総代に卒業証書が授与されました。
久光学校長は告辞で、「いつも前向きな力強い心の姿勢を持ち続けていただき、どのような看護をしたいのか目標、理想をしっかりイメージしてください。そして、皆さんが素晴らしい人生を実らせることを祈願しています」と述べ、3年間の授業や実習を通して多くの知識、技能、人となりを身につけ、本学が目標にしている看護師へ成長したことを祝福しました。
卒業生代表は答辞で、在学3年間の思い出や多くの人にお世話になった経験などを涙ぐみながら、「今度は私たちが支えとなるように共に働く医療者からも信頼される看護師を目指し日々精進していきたいと思います。私たちを支えてくださった全ての方々に御礼申し上げます」と感謝の意を表しました。
式典では、在学中に学業・人物ともに優秀であった卒業生に贈られる鈴木モヨ賞、石井満賞、そして昭桜会賞の授与も行われました。
 

  •  

    久光学校長の挨拶

  •  

    卒業証書授与

  •  

    式場の様子

  •  

    卒業生代表の答辞

  •  

    鈴木モヨ賞・石井満賞・昭桜会賞

  •  
  •  

ページ先頭へ戻る

「最新情報(2018年度)」に戻る

    • 卒業式を挙行しました
ページ先頭へ