ホーム > 上條記念館施設案内

上條記念館施設案内

  •  

     

  •  

     

施設について

昭和大学上條記念館は、旗の台駅(東急池上線・大井町線)から徒歩7分の中原街道沿いに立つ地下2階地上5階の耐震建築で延べ床面積は約9700㎡。館内の施設には、講堂「上條ホール」(639席)、大会議室「赤松」(312席)、中会議室「芍薬」「山百合」(63席)、バンケットルーム「冨士桜」(400人規模)、小会議室他の各室に加えて、サテライト視聴やライブ会議等に対応した最新の設備を整備し、合理的で先進的な会議・コンベンションの開催が可能な施設です。

各階施設

4階     赤松(大会議室 スクール312席、2分割可)
 
3階     山百合(中会議室 シアター96席)、山吹・山法師(小室)
 
2階     上條ホール(2階、204席)、芍薬(中会議室 スクール63席)、菖蒲(小会議室)
 
1階     上條ホール(1階、435席)
 
地下1階   冨士桜(バンケットルーム 立食200~400人、2分割可)、苔桃(小会議室)
 
地下2階  上條記念ミュージアム展示室、リハーサル室

上條ホール・エントランス・ホワイエ

玄関を入るとエントランスホール。奥には中原街道に面した光あふれるホワイエがあります。上條ホールは、1階、2階あわせて639席あり、各種学会利用を主体としながら、セミナー・講演会・式典等にも幅広利用できます。舞台と客席までの距離を短くし、座席配置を円形状にするなど臨場感と一体感を感じられる空間です。また、木質系材料を用いた気品とあたたかさを兼ね備えた講堂です。
  •  

    エントランス

  •  

    1階ホワイエ

    •  
    •  
      •  
      • 上條ホール 1階435席、2階204席

芍薬・山百合(中会議室)

2階と3階の中会議室は同じ広さで、各種会議等に対応が可能な100㎡のスペ-スです。

  •  
  •  

    シアター形式96席

  •  

    スクール形式63席

赤松(大会議室)

4階の大会議室は、学会・各種会議等に対応する500㎡のスペ-スで2分割が可能です。



  •  

    スクール形式144席+ポスターセッション90枚

  •  

    ポスターセッション

冨士桜(バンケットルーム)

地下1階のバンケットルームは535㎡で2分割可能。セミナー・会議・懇親会等、様々な用途で使用することができます。
    •  

      立食形式200~400名

    •  

       

    •  

      地下1階ホワイエ

    •  

      スクール形式330席

    •  

      円卓形式180席

AV設備・収録システム・サテライト放送

上條記念館の各室は、講義・講演等の用途に対応し、部屋の全体・分割設定等の多様なAV設備の運用が可能です。また、ホールや大会議室に設置した収録システムからの映像・音声を、館内のネットワークシステムにより各室へライブ配信するサテライト放送が可能です。さらには、昭和大学のネットワークや外部への接続にも対応しています。
 
                             ※最大1671名のライブ視聴が可能

フロアー図

※「各階フロアー図」の文字をクリックすると、各階のページへ移動します。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000