ホーム > 研究・学術 > 昭和大学共同研究

昭和大学共同研究

医系総合大学ならではの個性を発揮して、世界にその研究成果を問う

本学では昭和63年(1988年)に共同研究促進会議を設立し、学部間共同研究をスタートさせました。現在では、4学部の学際的な協力体制のもの、特定の研究課題についてプロジェクトチームを編成して共同研究を精力的に行っています。現在、「脳による生命・恒常性維持の基盤研究と臨床応用」「炎症・免疫システムの新たなparadigmによる病態の解明と治療法の開発」「分子再生医療の基盤解析」「酸化ストレスと組織障害機構解明及びその予防と治療への応用」「生活習慣に基づく臓器障害の進行(再発)予防」を研究のメインテーマとし、平成21年度には54グループから研究発表がありました。このほかにも先進的研究は数多く、これらの成果は医療の現場にも反映されています。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000