ホーム > 研究・学術 > 昭和大学公的研究費・研究活動の不正防止に関する取組みについて

昭和大学公的研究費・研究活動の不正防止に関する取組みについて

昭和大学は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)に基づき、公的研究費の不正使用を防止する取組みに関する基本的な考え方を「昭和大学公的研究費不正使用防止に関する基本方針」として定め、実施することにより、公的研究費の適正な運営及び管理体制の徹底を図ります。
また、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)に基づき、本学における研究活動上の不正行為の防止に努めます。

機関内の責任体系の明確化

公的研究費の運営・管理を適正に行うため、本学の運営・管理に関わる責任者とその役割、責任の所在及び範囲と権限を次のとおり定めます。

最高管理責任者:学長

  1. 責任と権限
    本学全体を統括し、公的研究費の運営及び管理について最終責任を負う。
  2. 役 割
    不正防止対策の基本方針を策定・周知するとともに、それらを実施するために必要な措置を講じる。
    また、統括管理責任者及びコンプライアンス推進責任者が責任を持って競争的資金等の運営・管理が行えるよう、適切にリーダーシップを発揮する。

統括管理責任者:財務担当理事

  1. 責任と権限
    最高管理責任者を補佐し、競争的資金等の運営・管理について機関全体を統括する実質的な責任と権限を持つ。
  2. 役 割
    統括管理責任者は、不正防止対策の組織横断的な体制を統括する責任者であり、基本方針に基づき、機関全体の具体的な対策を策定・実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を最高管理責任者に報告する。

コンプライアンス推進責任者・研究倫理教育責任者:学部長・富士吉田教育部長

  1. 責任と権限
    競争的資金等の運営・管理について実質的な責任と権限を持つ。
  2. 役 割
    統括管理責任者の指示の下、下記を行う。
    1) 自己の管理監督又は指導する学部における対策を実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を統括管理責任者に報告する。
    2)不正防止を図るため、学部内の競争的資金等の運営・管理に関わる全ての構成員に対し、コンプライアンス教育を実施し、受講状況を管理監督する。
    3)自己の管理監督又は指導する学部内において、構成員が、適切に競争的資金等の管理・執行を行っているか等をモニタリングし、必要に応じて改善を指導する。
    研究費に関する管理規程
    研究活動における不正防止規程

適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

ルールの明確化・統一化

公的研究費に係る事務処理手続に関するルールについて、明確かつ統一的な運用を図るとともに、随時点検を行い、必要に応じて見直します。また、公的研究費の運営・管理に関わる全ての構成員に周知します。
科学研究費助成事業について
公的研究費使用ガイドブック

職務権限の明確化

公的研究費の事務処理に関する構成員の権限と責任を明確にします。また、業務の分担の実態と職務分掌の間に乖離が生じないよう恒常的に見直します。

関係者の意識向上

公的研究費に関わる構成員に、研究費ガイドブックの配布、研究費使用説明会及びコンプライアンス教育を実施し、受講者の受講状況及び理解度を把握するとともに、誓約書の提出を求めます。
研究活動における行動規範
不正防止基本方針

告発等の取扱い、調査及び懲戒に関する規程の整備及び運用の透明化

公的研究費・研究活動の不正に係る通報窓口は総務部とし、公的研究費および研究活動の不正に係る事案が発生した場合等の対応は「就業規則」に基づき、厳正に対処します。

【窓口連絡先】
昭和大学 総務部
住所:東京都品川区旗の台1-5-8
電話:03-3784-8011(直通) FAX:03-3784-8012
Email:soumu@ofc.showa-u.ac.jp

不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

不正を発生させる要因を体系的に整理・評価し、具体的な不正防止計画を策定するために最高管理責任者のもとに昭和大学研究活動規範マネジメント委員会を設置し、実施状況に係わる点検を実施します。

研究費の適正な運営・管理活動

  • 研究の運営・管理に関わる全ての構成員は、相互に協力して、公的研究費等を適正に運営・管理します。
  • 昭和大学研究活動規範マネジメント委員会は、本学構成員が公的研究費を適正に使用するに際して特に留意すべき事項を定め、また、関係者及び本学と取引関係のある者に対し、「誓約書」の提出を求め、仮に不正行為があった場合には取引停止等の処分を行うことを告知し、不適正な使用の発生の防止に努めます。
    取引業者の皆様へ
  • コンプライアンス推進責任者は、不正防止計画等の内容を踏まえ、適正な予算執行を行わせるため、執行状況を確認し、当初計画に比較して著しく遅れや偏りがある場合には、改善策を講じます。
    不正防止計画

情報発信・共有化の推進

公的研究費の不正への取組に関する基本方針、管理体制等について社会に対して積極的に情報発信を行います。また、公的研究費の使用に関するルール等について、機関内外からの相談を受け付ける窓口を財務部研究支援課に設置します。

【窓口連絡先】
昭和大学 統括研究推進センター事務室 研究支援事務課
住所:東京都品川区旗の台1-5-8
電話:03-3784-8019(直通)
Email:zaimu-n@ofc.showa-u.ac.jp

モニタリング及び監査

最高管理責任者は、公的研究費が適正に使用されていることを検証できるモニタリング体制を構築し、公的研究費の不適正な使用の発生を防止します。 また、内部監査室及び外部監査法人が行う通常監査及び特別監査に積極的に協力し、恒常的に組織的牽制機能を充実、強化することに協力します。

取引業者の皆様へ

日頃より本学の研究活動に関する物品等の調達に関し、多大なるご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、本学では「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)に基づき、公的研究費の適正な運営および管理体制の強化・徹底を図っております。
つきましては、不正防止対策の一環といたしまして、研究活動に関するお取引をいただいている業者様に対して誓約書のご提出をお願いすることとなりました。
健全かつ適正な取引のできる環境づくりに取り組んでまいりますので、ご理解、ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
研究費不正使用による取引停止取扱い規程
取引業者誓約書

【提出先・お問い合わせ先】
昭和大学 統括研究推進センター事務室 研究支援事務課
住所:東京都品川区旗の台1-5-8
電話:03-3784-8019(直通)
Email:zaimu-n@ofc.showa-u.ac.jp

ページ先頭へ戻る

「研究・学術」に戻る

    • 昭和大学公的研究費・研究活動の不正防止に関する取組みについて
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000