ホーム > 研究・学術 > 昭和大学スポーツ運動科学研究所 > お知らせ(2019年度) > 第30回日本スポーツ歯科医学会でスポ研・歯科部門が発表しました

第30回日本スポーツ歯科医学会でスポ研・歯科部門が発表しました

2019年7月1日

 6月22・23日にかごしま県民交流センターで開催された日本スポーツ歯科医学会第30回総会・学術大会において、スポーツ運動科学研究所の歯科部門のメンバーが7題発表しました。

【発表演題】
P-26 2019 IHF女子U18アイスホッケー世界選手権における大会医療支援報告
P-27 釧路冬季国体2019アイスホッケー競技におけるデンタルサポートの報告
P-28 関東大学アイスホッケー競技大会における4年間8大会の外傷発生実態調査の報告
P-30 ジュニアアスリートに対する継続 4 年間のスポーツデンタルチェックの報告
P-38 自転車からの転倒が原因の下顎骨骨折の治療後に発症した慢性硬膜下血腫の1例
P-47 大学ラグビー部におけるスポーツマウスガードの使用頻度と顎関節症に関する調査
P-63 マウスガード装着により外傷に対するトラウマを克服した1 例

 

 

 

ページ先頭へ戻る

「研究・学術」に戻る

「昭和大学スポーツ運動科学研究所」に戻る

「お知らせ(2019年度)」に戻る

    • 第30回日本スポーツ歯科医学会でスポ研・歯科部門が発表しました
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000