講座紹介

当教室では顎・口腔領域の健康の保持・増進をめざし、特に顎・口腔領域で営まれる「摂食・嚥下機能について、その発達と減退、ならびにその障害とリハビリテーション」をテーマとして研究を行っています。

歯学部 スペシャル
ニーズ口腔医学講座
口腔衛生学部門
教授 弘中祥司
口腔衛生学とは口腔の健康を通じて生命を衛(まもる)学問のことを言います。1984年にWHOが健康について定義したように、口腔が良い状態にあること、すなわち口腔の健康とは口腔が持つ役割が十分に発揮できる状態にあることを意味します。口腔が持つ役割に、主として「食べる」「話す」「呼吸する」「情動(表情)を表出する」などがあります。これらの役割が正常に営まれている状態を口腔が健康であると言えます。

当部門では、このような口腔の健康についての研究・臨床・教育を行っています。

特徴の一つには、医科歯科連携や地域連携のチーム医療の基盤として昭和大学附属の8病院に昭和大学口腔ケアセンターを展開しており、口腔ケアセンター長を当部門の教授である弘中祥司が担当し、教員をはじめ、大学院生の全員が各病院に出向して入院患者の口腔ケアを担当しています。内容等につきましては、昭和大学HPの「口腔ケアセンター」を参照してください。

他の特徴としては、昭和大学歯科病院のスペシャルニーズ歯科センターにおいて染色体異常や発達障害、脳性麻痺等の障害のある小児を中心に摂食嚥下リハビリテーションの治療を担当しています。摂食・嚥下障害の小児には、口腔領域の成長変化を考慮しながら摂食機能の障害程度に合わせた摂食機能療法が必要です。

このように当部門の研究・臨床・教育はWHOの提唱する口腔が持つ役割が十分に発揮できる状態への回復を目指したものです。教育はこのような理念のもとに、歯学部の1年生から6年生まで「社会と歯科医療」コースを担当しスパイラル教育の一端を担って、21世紀の社会で活躍できる歯科医師の養成を目標に地域に密着した学外実習や他学部との学部連携教育に積極的に関与しています。

研究は、上記の臨床の科学的な根拠を構築するため、歯科医学領域のみならず医学領域との共同研究を積極的に進めてその最先端の成果を発表し続けています。

Ⅰ.教育

1.新たな教育カリキュラムにおける学部学生教育

スパイラル教育としての「社会と歯科医療・チーム医療」コースを新カリキュラムが導入された平成15年以降に2年次から6年次まで担当している。
「社会と歯科医療」コースには関連教科を含めたユニットがあり、平成24年度では以下のユニットを担当している。

1年次

  • 人の生と死
  • 福祉・健康とコミュニケーション
  • 環境保健と医療経済

3年次

  • 医の原則・歯科医師としての基本的態度
  • 保健医療とコミュニケーション

4年次

  • 疫学と口腔疾患の予防管理

5年次

  • 学部連携病棟実習

6年次

  • 歯科医療・歯科医学の展開;地域医療実習

2.昭和大学歯科病院歯科臨床研修医の口腔ケアセンターの臨床研修

昭和大学歯科病院歯科臨床研修医の臨床研修コースとして、昭和大学附属の5病院(昭和大学病院、昭和大学藤が丘病院、昭和大学横浜市北部病院、昭和大学附属烏山病院、昭和大学附属豊洲病院)における研修を当教室から出向派遣している口腔ケアセンター実務担当者の歯科医師が4病院を担当して研修指導にあたっている。

Ⅱ.診療

1.スペシャルニーズ歯科センター障がい者歯科における摂食嚥下リハビリテーション

平成24年度からの歯科病院の診療科の再編によって、スペシャルニーズ歯科センター障がい者歯科において主として障害児(者)の摂食嚥下リハビリテーションの診療を担当している。

2.昭和大学口腔ケアセンターにおける入院患者への口腔ケアの診療

昭和大学口腔ケアセンターは附属の8病院に2008年4月に設置され、当初からその診療には、口腔ケアの実務担当者として当教室員が派遣されている。当教室からの派遣病院は、平成24年6月現在、昭和大学病院、昭和大学病院附属東病院、昭和大学藤が丘病院、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院、昭和大学横浜市北部病院、昭和大学附属豊洲病院の6病院である。各病院の口腔ケアセンターでは、医師、歯科医師、看護師、歯科衛生士、管理栄養士等の職種とチーム医療を口腔ケアを通して行っている。

Ⅲ.研究と関連学会

研究は、地域の自治体との口腔衛生関連の研究、摂食嚥下の発達過程や機能不全とそのリハビリテーション効果に関連する研究、病院(入院患者)の口腔ケア関連の研究、など多研究領域にわたる研究を行っている。
教室員が研究発表や論文の投稿を行っている学会も多岐にわたり、公衆衛生・口腔衛生、障害者歯科、摂食嚥下リハビリテーション、小児科・小児歯科、小児保健、老年歯科、などの内外の学会である。

研究内容

  • 口腔の機能的健康と健康障害に関する疫学研究
  • 乳幼児期の口腔機能の発達および高齢者の口腔機能の減退と口腔咽頭部の形態変化との関連
  • 摂食動作における口腔と全身との関連
  • 顎・顔面・口腔領域の諸器官の動態解析
  • 食品物性の分析および分析法に関する研究

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000