2008年業績

論文

松田幸子,荒木和之,岡野友宏.頸部腫脹を主訴に来院した良性対称性脂肪腫症の1例.歯科放射線 2008;48(2):34-35

関健次,原田康雄,岡野友宏,尾川浩一,山河勉.高速データ収集可能な半導体検出器を利用したデジタルパノラマX線撮影装置(PanoACT-1000)の開発. INNERVISION 2008;23(8):98-100

木村幸紀,岡野友宏 脇田 稔,山下靖雄 監修.前田健康,井出吉信,天野 修 編.第23章 画像解剖学 口腔解剖学.東京.医歯薬出版株式会社,2008

岡野友宏. 教育講演 歯科診療における放射線防護の現状と課題. 医療放射線防護NEWSLETTER 2008;52:4-11

岡野友宏.  安全と安心を提供するためのCTによる三次元画像の活用 弟1回 歯科用コーンビームCTを正しく理解する.  日本歯科評論(THE NIPPON Dental Review),2008; 68(5):113-120

林 孝文,佐野 司,岡野友宏.  安全と安心を提供するためのCTによる三次元画像の活用 弟7回 画像診断ガイドラインから見るインプラント治療における骨の質の評価.   日本歯科評論(THE NIPPON Dental Review),2008; 68(12):101-107

木村幸紀,花澤智美,松田幸子,岡野友宏.口腔・口腔底.臨床放射線 2008; 53:1437-444

木村幸紀,山本智里子,川端一嘉,三谷浩樹,吉本世一,本橋征之,花澤智美,岡野友宏.頭蓋骨から鎖骨下まで浸潤増殖をきたした下顎骨中心性腺様嚢胞癌の1例.頭頸部癌 2008;34(4):587-593

木村 裕一,荒木 和之,山田 嘉重,遠藤 敦,田谷 あつ子,関 健次,岡野 友宏.歯内療法領域における歯科用小照射野X線CTの使用状況と有用性.歯科放射線 2008;48(3);55-60

Publications

Kimura Y, Yamamoto N, Kawabata K, Mitani H, Yohimoto S, Motohashi M, Hanazawa T , Okano T. Central adenoid cystic carcinoma of the mandible extending to the skullbase and the subclavian regions:. Japanese Journal of Head and Neck Cancer2008: 34(4):587-593

学会発表

Okano T. Oral Radiology Workshop Session I: Oral Imaging ( Focus CT ) .  Oral radiology workshop 2008, Bangalore , Bangalore, January 2008

Okano T. Oral Radiology Workshop Session II: Role of Oral Radiologists in imaging and their interpretation. Oral radiology workshop 2008, Bangalore , Bangalore, January 2008

花澤智美,木村幸紀,岡野友宏.頬骨神経への神経周囲進展と考えられた上顎歯肉癌の画像診断. 第26回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会,大分,2008年1月

関 健次, 山河 勉, 須江 孝, 金子福和, 岡野友宏. 高速応答半導体検出器を利用したデジタルパノラマX線装置のシステム概要.  日本歯科放射線学会第206回関東地方会,東京,2008年1月

松田幸子, 荒木和之, 寺内庸泰, Menka Shahi, 岡野友宏. Digora Optimeを用いた隣接面初期齲蝕の診断能評価.  日本歯科放射線学会第206回関東地方会,東京,2008年1月

花澤智美,荒木和之,岡野友宏.嚥下動態検査における超音波断層装置の撮影条件.  昭和大学歯学部ハイテク・リサーチ・センター平成19年度研究成果発表会「顎口腔機能障害の発症機序究明とその機能回復に関する先進的研究」,東京,2008年3月

木村幸紀,岡野友宏.顎関節の臨床・画像解剖 (教育講演).  第67回日本医学放射線学会総会,横浜,2008年4月

金子福和,原田康雄,境野利江,佐藤健児,舟橋逸雄,岡野友宏.光刺激ルミネッセンス線量計によるCT線量プロフィールの測定.日本放射線技術学会第64回総会学術大会,横浜,2008年4月

境野利江,原田康雄,佐藤健児,西川慶一,小林育夫,岡野友宏.歯科用コーンビームCTにおける線量プロフィール. 第95回日本医学物理学会学術大会,橫浜,2008年4月

佐藤健児,原田康雄,境野利江,西川慶一,代居 敬. ICRP 2007 年新勧告が歯科X線検査における実効線量計算に及ぼす影響.  第95回日本医学物理学会学術大会,橫浜,2008年4月

荒木和之,松田幸子,花澤智美,田谷あつ子,関 健次,岡野友宏. 隣接面う蝕の診断におよぼすコンピュータ診断支援システムの効果.NPO法人日本歯科放射線学会第5回総会・第49回学術大会,名古屋,2008年5月

境野利江,佐藤健児,原田康雄,小林育夫,岡野友宏.パノラマX 線撮影における線量ビーム幅積の調査. NPO法人日本歯科放射線学会第5回総会・第49回学術大会,名古屋,2008年5月

原田康雄,境野利江,佐藤健児,小林育夫,岡野友宏.東京地域の歯科医院に対するX 線撮影についての調査.NPO法人日本歯科放射線学会第5回総会・第49回学術大会,名古屋,2008年5月

佐藤健児,境野利江,原田康雄,小林育夫,岡野友宏.口内法X線撮影における患者入射線量の調査. NPO法人日本歯科放射線学会第5回総会・第49回学術大会,名古屋,2008年5月

佐藤健児,原田康雄,境野利江,西川慶一,佐野 司,岡野友宏,代居 敬. ICRP 2007 年勧告による歯科X 線撮影時の実効線量について.NPO法人日本歯科放射線学会第5回総会・第49回学術大会,名古屋,2008年5月

佐藤健児,岩田 洋,井出吉昭,代居 敬,杉崎貴裕,藤本悠彦,原田康雄,境野利江.本大学病院における歯科インプラント術前CT検査時の患者および線量データ.NPO法人日本歯科放射線学会第5回総会・第49回学術大会,名古屋,2008年5月

田口 明、大塚昌彦、中元 崇、末井良和,関 健次、岡野友宏、谷本啓二.パノラマX線写真による閉経後骨咀粗鬆症スクーリニングにおける観察者の能力:国際共同研究 Osteoporosis screening project in dentistry (OSPD). NPO法人日本歯科放射線学会第5回総会・第49回学術大会,名古屋,2008年5月

花澤智美,木村幸紀,岡野友宏.下顎骨骨肉腫の一例.  第37回頭頚部・胸部画像研究会,東京,2008年5月

山河勉,関健次,原田康雄,岡野友宏,尾川浩一,須江孝.歯科パノラマ装置用ソフトウエアPanoACT のご紹介 (特別展示).  第14回画像センシングシンポジウム(SSII08),横浜,2008年6月

Okano T. Assessment of CT and cone-beam CT for dental implants (invited lecture). 11th Congress of the European Academy of Dento-Maxillo-Facial Radiology, Budapest, June 2008

Okano T. EADMFR Debate: Cone-beam CT: User training and licensing. 11th Congress of the European Academy of Dento-Maxillo-Facial Radiology, Budapest, June 2008

Araki K, Matsuda Y, Okano T.  Effectiveness of logicon caries detector? in diagnosis of caries. 86th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Toront, July 2008

境野利江,佐藤健児,原田康雄,岩田 洋,井出吉昭,岡野友宏,代居 敬. インプラントCT 検査の2 大学歯科病院における線量比較. 日本歯科放射線学会・第207回関東地方会・第28回北日本地方会・第16回合同地方会,郡山,2008年7月

佐藤健児,境野利江,原田康雄,西川慶一,小林育夫,代居 敬,岡野友宏,佐野 司. 頭部CT および歯科用コーンビームCT における体軸z方向の線量プロフィール. 日本歯科放射線学会・第207回関東地方会・第28回北日本地方会・第16回合同地方会,郡山,2008年7月

木村幸紀,花澤智美,松田幸子,岡野友宏. 舌癌・口腔底癌症例にみられた舌リンパ節転移:画像診断および文献的考察.  第44回日本医学放射線学会秋季臨床大会,郡山,2008年10月

岡野友宏、原田康雄、関 健次,遠藤 敦.インプラント診療におけるCT検査の患者被曝線量.  第21回日本歯科医学会総会,横浜,2008年11月

Sakaino R, Sato K, Harata Y, Iwata H, Ide Y, Yosue T, Okano T.  Initial values of local diagnostic reference levels in computed tomography for dental implant planning.  The 7th Asian Congress of Oral and Maxillo-Facial Radiology and The 13th Conference of Clinical Diagnostics of JSOMR, Nara, November 2008

Endo A, Harata Y, Kobayashi I, Kato T, Okano T.  Effective dose of panoramic radiography using optically stimulated luminescence (OSL) dosimeter.   The 7th Asian Congress of Oral and Maxillo-Facial Radiology and The 13th Conference of Clinical Diagnostics of JSOMR, Nara, November 2008

Sato K, Sakaino R, Harata Y, Nishikawa K, Kobayashi I, Yosue T, Okano T, Sano T.  A survey of patient dose in intraoral and panoramic radiography at general dental offices.  The 7th Asian Congress of Oral and Maxillo-Facial Radiology and The 13th Conference of Clinical Diagnostics of JSOMR, Nara, November 2008    

佐藤健児,境野利江,代居 敬,岡野友宏.一般歯科医院における歯科エックス線撮影の患者線量.  歯科医師生涯研修セミナー(奈良県歯科医師会後援) 第7回アジア口腔顎顔面放射線学会議(ACOMFR2008),奈良,2008年11月

岡野友宏,遠藤 敦,松田幸子,Kim Gyu-Tae,佐藤健児.歯科X線撮影における患者の被ばく線量 . 歯科医師生涯研修セミナー(奈良県歯科医師会後援) 第7回アジア口腔顎顔面放射線学会議(ACOMFR2008),奈良,2008年11月

小林育夫,遠藤 敦,原田康雄,境野利江,岡野友宏.RANDOファントムのためのOSL線量計.日本放射線安全管理学会 第7回学術大会,金沢,2008年12月

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000