ホーム > 学部 > 医学部 > 学部長あいさつ

学部長あいさつ

昭和大学 医学部長
小川 良雄

昭和大学医学部は、昭和3年、創設者上條秀介先生により、昭和医学専門学校として創立されました。昭和21年、学校教育法の改定に伴って昭和医科大学となり、昭和39年、薬学部の併設とともに昭和大学医学部となり現在はさらに歯学部、保健医療学部を有する医系総合大学となっております。

昭和大学医学部のモットーは、創設者・上條秀介先生が唱えられた『至誠一貫』に基づいて、患者様に優しく、誠心、誠意を尽くす臨床医師の育成にあります。昭和初期のわが国の医学部では、医学の研究に主眼がおかれ、見識のみ高く、実地医師として第一線に働く力の乏しい者が多いのが実情でした。上條秀介先生は当時のこの風潮を憂い、真に患者様のためになる医師の養成を決意され、昭和医学専門学校、現在の昭和大学医学部を設立されたのであります。

昭和大学医学部の特徴は、学生教育においては、『全人教育』、『問題解決型教育』を基本とし学生自らが問題点を良く考え、ことに臨んでそれを自らが解決していくという基本姿勢にあります。第一学年では、富士吉田キャンパスで全寮制の一年間を過ごし、歯学部、薬学部、保健医療学部の学生と同室で生活してコミュニケーションのとり方、他人の考え方を理解し、リーダーシップをとっていくという環境下で、自主性を培います。平成19年度からは『チーム医療の基盤』を教育カリキュラムの中に位置付け、4学部横断のPBL(問題基盤型学習)チュートリアルを行っております。第二学年からは旗の台校舎を始め、医学部の7つの附属病院で専門教育を受けます。

医学の進歩は迅速であり、膨大な知識を医学部6年間で全て学習することは消化不良に陥るだけであります。本学医学部の教育方針は精選された基本的内容を重点的に履修させるモデル・コア・カリキュラムを導入しております。

しかし本学医学部のみの学習では『井の中の蛙』になってしまう可能性もあります。そこで本学では低学年から国内、国外の大学や施設、病院で研修を行い、広い視野で物事を見ることができる能力を養っております。特に第六学年の選択臨床実習では米国チューレン大学(ニューオリンズ市)、ミネソタ大学(ミネアポリス市)、ハワイ大学あるいはオーストリアのウィーン大学、イタリアのローマ大学などと正式な学生交流の協定を結んでおります。また東京慈恵会医科大学、東邦大学、東京医科大学と本学の4大学間で、学生交流の協定を結んで広く他大学、施設における教育、研修が受けられる機会が与えられております。これら医学部6年間の教育の成果として、この10年間の医師国家試験の合格率は絶えず90%以上の高い水準にあり、この10年間に合格率100%を2回経験しております。

一方、卒業後は7ヶ所ある医学部附属病院(病床数合計3000床以上)で臨床研修を行い、専門医の資格、医学博士の学位を取得して一人前になっていきます。

昭和大学医学部における学生生活はこの様にすばらしいものであり、自信を持ってお奨めいたします。常に真心もって人に尽くす意欲と情熱のある人をお待ちしております。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000