ホーム > 学部 > 医学部 > 講座・部門紹介 > 薬理学講座 臨床薬理学部門

薬理学講座 臨床薬理学部門

私たち昭和大学医学部 薬理学講座 臨床薬理学部門は、2011年4月に大学の組織整備に伴い、旧第二薬理学教室から新たに活動を開始し、同年(2011年)10月に、世田谷区にある昭和大学附属烏山病院に44ベッドを有した臨床試験を実施する臨床薬理研究センターを開設しました。

2014年4月、臨床薬理研究センターが臨床薬理研究所に学内組織において昇格するとともに、我々の臨床薬理学部門もその活動の拠点を旗の台から烏山に移し、臨床薬理研究所と共に教育・研究活動を行っていくこととなりました。

臨床薬理学は古くて新しい分野です。ご存知の方も多いとおもいますが、聞き覚えのない方にも、薬物を合理的に使用した治療を行う学問分野として是非知っていただきたいものです。私たち、新しいスタッフで頑張りますので、よろしくお願い致します。
ご不明な点や、ご質問などがありましたら、何なりとご連絡ください。

お知らせ

一覧

2017年6月11日
留学中の三邉先生、ADA2017で発表しました
2016年4月1日
2016年度からはこのメンバーで
2016年3月18日
肥田先生が学位記を取得しました
2015年10月20日
秘書の塩原さんが卒業しました
2015年9月24日
田中(旧姓 廣澤)先生が、学位記を取得されました

昭和大学 臨床薬理研究所 (烏山病院)

医薬品開発基礎研究会

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000