講座紹介

医学部生理学講座生体制御学部門
教授 砂川 正隆

生理学講座 生体制御学部門のページにようこそ。私は2017年4月に久光正教授の後を継いで教授に就任いたしました。

教室の研究テーマとして「鍼灸・漢方薬など東洋医学的診断・治療のメカニズム解明」を始め、「免疫」「ストレス」「痛み」「運動」などに関連する研究を行っております。当教室には、医師以外にも歯科医師、薬剤師、看護師、鍼灸師、柔道整復師、体育など様々な職種の大学院生・研究生が所属しています。いろんな視点から一つのテーマに取り組むことにより、ユニークな研究が生まれています。

学部教育では、医学部2年生で「神経・筋の生理」「中枢の生理」「感覚の生理」を、医学部3年生で「生理学実習」「統合医療」を担当しています。

今後、ますます研究や教育の成果があがるよう講座員一同、努力してまいります。

最新情報

特許取得

【発明の名称】 皮膚および毛髪の黒化促進剤、その黒化促進剤を含む黒化促進用外用剤および黒化促進用飲食品 (特許第5956107号)

昭和大学とフジケミカル株式会社は、このたび「皮膚および毛髪の黒化促進剤、その黒化促進剤を含む黒化促進用外用剤および黒化促進用飲食品」の特許を取得しました。これは久光正特任教授、藤原博士兼任講師が中心となり研究したもので、白髪の根本的な治療や皮膚に対する紫外線対策などへの応用が期待されます。

【関連記事】
皮膚および毛髪の黒化促進剤、その黒化促進剤を含む黒化促進用外用剤および黒化促進用飲食品に関する特許を取得

平成29(2017)年 論文発表

Influence of Periostin on Synoviocytes in Knee Osteoarthritis.
Tajika Y, Moue T, Ishikawa S, Asano K, Okumo T, Takagi H, Hisamitsu T.
In Vivo. 2017;31(1):69-77.

Influence of IL13 on Periostin Secretion by Synoviocytes in Osteoarthritis.
Moue T, Tajika Y, Ishikawa S, Kanada Y, Okumo T, Asano K, Hisamitsu T.
In Vivo. 2017;31(1):79-85.

Influence of Mechanical Force on Bone Matrix Proteins in Ovariectomised Mice and Osteoblast-like MC3T3-E1 Cells.
Zhang M, Ishikawa S, Inagawa T, Ikemoto H, Guo S, Sunagawa M, Hisamitsu T.
In Vivo. 2017;31(1):87-95.

Efficacy of Juzentaihoto for Tumor Immunotherapy in B16 Melanoma Metastasis Model.
Ishikawa S, Ishikawa T, Tezuka C, Asano K, Sunagawa M, Hisamitsu T.
Evid Based Complement Alternat Med. 2017;2017:6054706.

Antistress effects of Kampo medicine "Yokukansan" via regulation of orexin secretion.
Katahira H, Sunagawa M, Watanabe D, Kanada Y, Katayama A, Yamauchi R, Takashima M, Ishikawa S, Hisamitsu T.
Neuropsychiatr Dis Treat. 2017;13:863-872.

変形性膝関節由来関節滑膜細胞のペリオスチン産生に及ぼすヒアルロン酸の効果
樋口毅史,石川慎太郎,浅野和仁,久光正
薬理と治療 2017;45(1):35-42.

急性炎症性疼痛に対する低周波経皮的神経電気刺激(TENS)由来の内因性オピオイドを介した鎮痛作用
小林喜之,池本英志,砂川正隆,樋口毅史,藤原亜季,山内里紗,岡田まゆみ,石川慎太郎,久光正

日本運動器疼痛学会誌2017;9(1):40-47.

ストレスコントロールにおける漢方・鍼灸のエビデンス ~抑肝散・加味逍遙散・円皮鍼について~
砂川正隆,片平治人,渡辺大士,福島正也,藤原亜季
日本歯科東洋医学会誌2017;36(1・2):30-35.

鍼灸治療の生理学的機序、最近の進歩
久光正
全日本鍼灸学会雑誌2017;67(3):196-200.

Time-dependent role of prefrontal cortex and hippocampus on cognitive improvement by aripiprazole in olfactory bulbectomized mice.
Takahashi K, Nakagawasai O, Nemoto W, Odaira T, Arai Y, Hisamitsu T, Tan-No K.
Eur Neuropsychopharmacol. 2017;27(10):1000-1010. 
 
東洋医学のこれまでと将来
久光正
昭和学士会雑誌2017;77(2):138-145.

オレキシン分泌の制御を介した加味逍遥散の抗ストレス作用
渡辺大士,砂川正隆,片平治人,金田祥明,藤原亜季,山﨑永理,髙島将,石野尚吾,久光正
昭和学士会雑誌2017;77(2):146-155.

Small Island Stress負荷がラットの血液流動性および活性酸素代謝産物に与える影響
久光直子,Thein HLAING,郭試瑜,石川慎太郎,久光正
昭和学士会雑誌2017;77(2):156-161.






 

平成29(2017)年 学会発表等

【第94回 日本生理学会大会(浜松)2017/3/28-30】
変形性膝関節症の滑膜細胞におけるペリオスチンの役割
田鹿佑太朗,馬上達也,浅野和仁,石川慎太郎,久光正

閉経後骨粗鬆症モデルおよび骨芽細胞様細胞における骨基質タンパク質に対する機械的刺激の影響
石川慎太郎,張夢,稲川智子,手塚千明,久光正

Celastrusorbiculatus抽出物は肝がん細胞の血管擬態を抑制する
劉延慶,陳カク,郭試瑜,石川慎太郎,砂川正隆,久光正

ラマン分光法によるクリスタリン変化の定量的測定
中西孝子,植田俊彦,安藤正浩,水野有武,濱口宏夫,久光正

視床下部における神経分泌の制御を介した円皮鍼の抗ストレス作用
砂川正隆,藤原亜季,金田祥明,片山彩美,山内里紗,石川慎太郎,久光正

急性炎症性疼痛ラットモデルにおける経皮的神経電気刺激(TENS)によるERKシグナル経路の抑制的調節
池本英志,砂川正隆,郭試瑜,片山彩美,金田祥明,久光正

【第68回 日本東洋医学会学術大会(名古屋)2017/6/2-4】
抑肝散によるオキシトシンの分泌調節
砂川正隆,渡辺大士,時田江里香,石川慎太郎,石野尚吾,久光正

【第66回 全日本鍼灸学会学術大会(東京)2017/6/10-11】
(基調講演)鍼灸治療の生理学的機序,最近の進歩 ~当教室における基礎研究の変遷~
久光正

(ランチョンセミナー)マタニティ鍼灸の実際とさらなる可能性
藤原亜季

妊娠期特有の愁訴 週数別調査
藤原亜季

【第39回 日本疼痛学会(神戸)2017/6/16-17】
オレキシン A 分泌制御を介した抑肝散のモルヒネ鎮痛耐性抑制効果
砂川正隆,片山彩美,金田祥明,池本英志,中西孝子,米良仁志,岡田まゆみ,久光正

【第59回日本平滑筋学会総会(福岡)2017/8/23-25】
漢方シンポジウム「便秘治療の漢方最前線」
大建中湯の腸管運動調節作用~モルヒネ誘発性便秘モデルマウスを用いた検討~
砂川正隆


【日本良導絡自律神経学会東日本支部(東京)2017/8/27】
(教育講演)ストレス反応における視床下部の役割と鍼による調節作用
砂川正隆


【ISAN 2017 - International Society for Autonomic Neuroscience(Nagoya)2017/8/30-9/2】
Symposium 6; Oriental Medicine and the Autonomic Nervous System
Mechanism of acupuncture effect on chemotherapy-induced peripheral neuropathy
Shintaro Ishikawa

Symposium 10; Basic and clinical Insights into oxytocin's effects on augmenting autonomic and anti-stress activity
Antistress effects of Kampo medicine Kamikihito in rats subjected to restraint stress
Masataka Sunagawa

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000