領域紹介

基礎看護学:「看護とは何か」を探求する

基礎看護学は、病気になり落胆し苦悩している患者さんに寄り添うために、看護の歴史・理論・哲学・倫理を学びながら、自分の中に看護観を芽生えさせていく学問です。
患者さんがその人らしく生活できる援助を考えるために、日常生活の援助技術である食事、排泄、清潔や診療に必要な注射、吸引などの高度な看護技術を科学的な視点で学習していきます。さらに実習の場で患者さんに関わりながら、「看護とは何か」を探求していきます。

基礎看護学の演習風景

.

成人看護学:成人期にある人の看護を学び、臨床看護の基盤となる科目

成人期は人生の中で一番長く、健康問題がその人の家庭や社会で果たしている役割に大きく影響する重要な時期です。その成人に対して、看護師として健康維持・増進し、健康問題・課題を解決するといった援助ができるように、さまざまな角度から成人を学びます。さらに、疾病をもった対象である成人を健康レベル別に、急性期、回復期、慢性期、終末期の4期に分け、各健康レベルでの対象の理解を深め、その看護について学びます。

教育活動紹介

成人看護学では1年次からしっかりと成人期にある人について、取り囲む環境や対象理解に必要となる概念、健康問題・課題についての知識を学び、3年次では周手術期にある患者さんや、慢性病をもつ患者さんの看護ができるように、看護の思考と看護技術を身に付けてから病院実習に入ります。特に看護学生として必要な看護の思考については、時間をかけて丁寧に取り組くめるようにしています。看護の思考を臨床での実践へとつなげる一つの訓練として、手術後のドレーン管理、糖尿病をもつ人への患者教育など技術演習も実施しています。

さらに、科目を担当する教員間で学生にとってよりよい学びができるよう教育内容の評価や研究を行っています。

成人看護学の演習風景

.

老年看護学:老年者が生き生き暮らせるための看護を学ぶ科目

老年看護学は、人生のライフサイクルの最終段階にある老年期を、晩年とはいえ、「残りの人生」ではなく、「これからの人生」としてとらえて、その人の歩んだ長い人生(生活歴)を尊重し、長寿で生き生き暮らしている老年者への看護を考える基礎となる科目です。

科目の内容と構造

 

 

精神看護学:「自分らしく生きる」を支える看護ー学び、体験し、実践するー

精神保健、精神障害者の看護についての科目です。援助を受ける人々の気持ちを受けとり、ケアする看護者は、器(気持ちの入れ物)としての自分を知ることも大事です。援助者としての器を磨きながら、精神障害者の生活上の生きにくさの理解を深め、看護者として関わることができるようになるために、講義、演習を織り交ぜて科目を構成しています。「身体感覚を磨く」「グループと個人の理解」「リラクセーション」「当事者の語り」など体験的演習の人気が高いです。基礎教育として、体験を通した学びの充実を目指しています。

.

母性看護学・助産学:全ての女性とその家族が幸せに暮らすための支援を考える—妊娠や出産を中心に、女性の生涯にわたる健康を—

 母性看護では、妊娠期、分娩期、産褥期、新生児期にある母子とその家族だけでなく、思春期、成熟期、更年期、老年期にある全ての女性を対象にします。母性看護学では、対象がより健やかで快適な生活を送るための支援として必要とされる知識と技術を学びます。
 看護の実際を学ぶための母性看護学実習では、学内で学んだ知識と技術を統合させ、看護師として求められる基礎的能力を養います。

母性看護学・助産学の演習風景








  •   




    .

小児看護学:子どもとその環境を理解し、子どもの成長・発達に応じた看護を学ぶ科目

小児看護学では、子どもと家族、そして子どもをとりまく環境を理解した上で、病気の子どもへの看護を学びます。子ども一人ひとりがもつ力が最大限に発揮され、心身ともに健康に成長・発達できるような支援を学びます。主体的に学ぶことを大切していますので、事前に自己学習した内容を学生間で共有し、さらに深めることができるような講義と体験を通して学ぶ楽しい演習を取り入れています。

小児看護学の演習風景

.

在宅看護学:住み慣れた場所でその人らしい生活を

在宅で療養生活を送る人々やその家族が、病気や障害を持ちながらも住み慣れた場所でその人らしい生活を送れるように、在宅看護の特徴と社会背景、在宅療養者への訪問看護や退院調整、社会資源、制度などについて学びます。また療養者と家族の願いを尊重した生活重視の看護過程、看護技術、在宅医療の実際についても演習や事例をとおして学習を深め、訪問看護ステーションで2週間の実習を行います。

 

.

公衆衛生看護学:地域で暮らす人々の健康を守る

公衆衛生看護は、地域で生活しているすべての人々を対象に、健康の維持増進や生活の質の向上を目指して行われる看護活動です。健康な人から疾病や障害をもつ人までさまざまな健康レベル、すべてのライフステージにある方を対象とします。講義や実習を通して、個人・集団への支援方法、地域の健康づくりについて実践的に学びます。保健師課程を選択(選抜制)することで、保健師の国家試験受験資格を得ることができます。

 

.

臨床看護学:看護実践と学問としての看護学をつなげることを支援します

臨床看護学は、看護基礎教育で重要な位置づけとされている臨地実習のなかでも、昭和大学附属病院における実習を担当しています。ここに所属する教員は全員が昭和大学附属病院の看護師や助産師であり、「臨床教員」と呼ばれています。臨床教員は、学生が看護実践と学問としての看護学をつなげることを支援しています。また、大学教育から臨床の看護師に対する教育の一貫性の確保に貢献しており、優れた医療人の育成に力を注いでいます。

昭和大学附属病院での実習風景





.

臨床栄養学:健常者から疾病を有する方まですべての人々の栄養と健康を考える

1年次の「栄養学」と横浜キャンパスでの「NST看護」等の講義があります。栄養の基礎からライフステージ別の栄養課題、疾病予防の食習慣を理解し、2年次以降は、疾患別の栄養・食事療法を学修します。患者の状態や生活環境を理解している看護師が栄養指導を行うことも多くあり、看護師が学ぶべき栄養学的知識は多様性を必要としています。講義は看護師と管理栄養士の資格を持つ教員が担当し、「現場で使える栄養学」を学びます。

.

医事法学:医療に関する法の探求

 医事法学は、法の中でも、医療に関連する法を扱う学問分野です。医事法学分野を、医療系学部・学科、特に看護学やリハビリテーション学の学部に置く大学は極めて珍しいと言えます。
 本学はチーム医療教育に重点を置いていることから、医事法学分野では、保健医療学部や大学院保健医療学研究科の学生さんに、医療従事者の資格とその資格で許される医療行為(業務論・医行為論)に関する内容の講義を行っています。
 また、学内外の院内研修などで、保健医療福祉制度・関係法規などの講義も行っています。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000