ホーム > 学部・富士吉田教育部 > 保健医療学部 > 作業療法学科 > もっと詳しく作業療法学科 > 教員から受験生の皆さんへ (臨床教員:青木啓一郎)

教員から受験生の皆さんへ (臨床教員:青木啓一郎)

受験生の皆さんへ

受験勉強奮闘中に、このページを見ていただいている人もいるかもしれません。必ず作業療法を志す中で、一度は疑問に浮かんだことのある内容があるかと思います。それは「作業療法ってどんなお仕事?」です。

作業療法は領域の広いお仕事です。分野によって役割は変化していきます。その中で共通していることがあります。作業療法は「人と人の繋がり」をとても大事にする職業ということです。そして、対象者の生活に歩み寄ることができる職業です。
シンプルに言えば、対象者の希望を汲み取った支援を形にできる職業といえます。この作業療法を行うためには自分自身の社会性を養うことも必要です。

そこで、学生生活では昭和大学独自の富士吉田キャンパスの生活があります。そこでは、他学部との学生交流機会があり、寮生活から他者の思いやる気持ちが養われます。私自身も富士吉田キャンパスの生活を経験しており、それが現在の作業療法に生きていると胸を張って言うことができています。

キャンパスでお会いできることを楽しみにしています。

教員プロフィール:青木啓一郎,(AOKI Keiichiro,講師,作業療法士)

学位・最終学歴

修士(保健医療学)
昭和大学大学院保健医療学研究科博士前期課程 修了

担当科目

臨床作業療法学,など

教育への抱負

私は臨床現場で教育を行っている臨床教員です。「座学」とは違い、「作業療法ってなんだろう?」という疑問に対して、患者さんを通し、作業療法を触れていただき、楽しいという気持ちだけでなく、胸を張って素晴らしい職業であると学生がいうことができるように日々意識して教育に当たっています。

所属学会・社会活動

一般社団法人神奈川県作業療法士会 会員
一般社団法人日本作業療法士協会 会員
昭和大学学士会 会員
昭和作業療法卒後教育セミナー 理事

研究分野

リハビリテーション全般 急性期 作業療法

研究内容

末期がんに対する作業療法研究を行っています。昨今、がんリハビリテーションが医療保険、介護保険で注目されてきている分野のひとつです。そこに関わる作業療法士の役割に対しての研究に取り組んでいます。
 
また、現在は急性期病院の勤務の関係で、脳卒中患者を中心とした転帰予測因子の抽出研究も行っています。急性期病院は在院日数の短縮が求められてきています。転帰予測を行うことにより、脳卒中患者の退院支援が滞ることがないように研究を行っています。

業績

昭和大学学術業績リポジトリ・個別ページ

(主な学術論文)

  • 青木啓一郎・鈴木久義.末期がん患者の在宅における作業療法士の役割-Berelsonの内容分析から-.神奈川作業療法研究.2018;8:7-13.
  • 三橋幸聖・長島潤・渡部喬之・青木啓一郎・嘉部匡朗・小林崇志.職業アイデンティティの確立に向けた,作業療法臨床参加型実習の導入.作業療法ジャーナル.2017;51(7):563-569.

(主な学会発表)

  • 青木啓一郎・齋藤甚・中村麻由美・他.急性期脳卒中患者における転帰予測因子 ~発症早期からの検討~.第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会,2017(大阪)
  • 青木啓一郎・齋藤甚・鈴木久義・他.大学病院脳卒中患者における転帰予測因子の検討.第48回日本作業療法学会,2017 (東京)
  • 青木啓一郎・鈴木久義.末期がん患者の在宅における作業療法士の役割-Berelsonの内容分析から-.第47回日本作業療法学会,2016 (札幌)

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000