ホーム > 学部・富士吉田教育部 > 保健医療学部 > 作業療法学科 > もっと詳しく作業療法学科 > 教員から受験生の皆さんへ (臨床教員:渡部喬之)

教員から受験生の皆さんへ (臨床教員:渡部喬之)

受験生の皆さんへ

作業療法はとても奥が深いです.
 
身体,心,生活,生きがい,様々な視点から患者さんのことを考えていきます.だからこそ作業療法にはたくさんの魅力があり,やりがいのある仕事です.作業療法士として働く中で,きっと素晴らしい場面に出会えると思います.
 
是非,皆さんと作業療法の魅力を共有したいと思います.私もまだまだ勉強中です.一緒に作業療法について学んでいけることを楽しみにしています.

教員プロフィール:渡部喬之(Takayuki Watabe,講師,作業療法士)

学位・最終学歴

修士(保健医療学)
昭和大学大学院保健医療学研究科博士前期課程 修了

担当科目

臨床作業療法学,など

教育への抱負

授業や教科書で学んだ知識を,現場での実習を通して使える知識にすることが私の役割だと思っています.一つの現象を丁寧に分かりやすく伝えられるように日々努力しています.
 
また,実習で一番の先生は患者さんです.患者さんから教えてもらうことはどんな教科書よりも役に立ちます.教員,学生さん,患者さんとのコミュニケーションの場を大切にしています.

所属学会・社会活動

 
日本作業療法協会 演題査読委員
神奈川県作業療法士会 学術誌編集委員
日本転倒予防学会
日本作業療法教育研究会
脳機能とリハビリテーション研究会,他
 

研究分野

脳卒中患者におけるDual taskの評価,回復期リハビリテーションにおける転倒,眼球運動障害に対するリハビリテーション,など

研究内容

日常生活での動作の多くは,会話をしながら歩く,考え事をしながら料理をするなど,運動と認知の二重課題(Dual task)です.脳卒中になると,このDual taskに対する能力が低下することが分かってきています.
 
脳卒中患者さんの日常生活動作を評価するには,運動,認知それぞれの評価だけでは不十分であり,Dual taskに対する能力がどの程度あるかを見る必要がります.現在,Dual taskを評価するテスト法の開発に取り組んでいます.

業績

昭和大学学術業績リポジトリ・個別ページ

(主な学術論文)

  • Takayuki Watabe, Hisayoshi Suzuki, Yusuke Konuki et al. Beneficial falls in stroke patients: Evaluation using a mixed methods design. Topics in Stroke Rehabilitation. 2018; 25: 137-144.
  • 渡部喬之・長島潤・鈴木久義.脳卒中患者における座位でのDual task評価とトイレ動作能力との関連.作業療法.2016;35:400-408.
  • Takayuki Watabe,Rikitaro Sako,Hisayoshi Suzuki,et al.Falls in the sitting position—Characteristics and efficacy  of preventive measures—.Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science .2015;6:151-157.

(主な学会発表)

  • 渡部喬之・鈴木久義・小貫祐介・他.脳卒中患者におけるやむを得ない転倒第2報—やむを得ない転倒判定シートにおける信頼性の検討—.回復期リハビリテーション病棟協会第31回研究大会,2018(岩手)
  • 渡部喬之・迫力太郎・小笹佳史・他.眼球運動訓練により複視の改善を認めた両側性MLF症候群の1例.第41回脳卒中学会,2016(札幌)
  • Takayuki Watabe,Hiroshi Shoji,Rikitaro Sako.Fall after movement in the sitting position.16th World Federation of Occupational Therapists Congress,2014(Yokohama)

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000