ホーム > 学部・富士吉田教育部 > 保健医療学部 > 作業療法学科 > もっと詳しく作業療法学科 > 教員から受験生の皆さんへ (教員:三橋幸聖)

教員から受験生の皆さんへ (教員:三橋幸聖)

受験生の皆さんへ

“人の役に立ちたい“そんな思いをもった皆さん。
 
ある日、突然これまでとは違った生活をしていくことを余儀なくされた患者さんにとって、日々の暮らしは大変なことでしょう。今までは普通にできていたのに・・・。
 
患者さんが抱えるこうした想い、生活のこと、仕事のこと、学業のこと、趣味のこと・・・

ぜひ、あなたが作業療法士になって、患者さんのこうした胸に詰まった様々な想いを、一緒に解決していきませんか。

教員プロフィール:三橋幸聖(Kousei Mitsuhashi,講師,作業療法士)

学位・最終学歴

博士(障害科学)
東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻 修了

担当科目

作業療法への招待,個人の特性から見た作業の理解,身体障害作業療法技術論,身体障害作業治療学演習II,基礎作業療法学実習II,など

教育への抱負

将来、みなさんが作業療法士として接する方々は、幅広い年齢層であり、様々な生活背景を持っています。仕事をしていく上で、作業療法士としての専門的な知識・技術はもちろん、豊かな人間性も信頼関係を築く上で重要です。教員として、学習面だけではなくみなさんが人として成長していく過程をサポートしていくことも心がけています。

所属学会・社会活動

日本作業療法士協会 
日本作業療法教育研究会 
日本作業行動学会
日本義肢装具学会
日本リハビリテーション工学協会

研究分野

作業療法教育,生体医工学,など

研究内容

  • 作業療法士の仕事は、その人にとって意味のある作業を出来るように支援していくことです。それは個別性が高く、幅広いのですが、逆に理解されにくいこともあります。教育において、学生が作業療法の独自性をよりスムーズに理解していくためのシステムを検討しています。
  • 人間の体は脳からの司令(電気信号)で動き、諸機能が調整されています。身体の障害に対し表面電気刺激を用いた機能改善効果について研究を行っています。

業績

昭和大学学術業績リポジトリ・個別ページ
(主な執筆活動)
  • 三橋幸聖 三川年正.治療学「知的障害」.山口芳文編.精神障害作業療法学.第2版.東京:メジカルビュー社;2015.pp258-263.
(主な学術論文)
  • 三橋幸聖, 関和則, 小倉隆英,ほか:嚥下障害に対する舌骨上筋群表面電気刺激による舌骨・喉頭の動態変化の画像医学的検討,みやぎ作業療法 8: 2015 41-46.
  • Mitsuhashi K, Seki K,Akamatsu C, et al, :Modulation of excitibity in the cerebral cortex projecting to upper extremity muscles by rotational positioning of the forearm,THE TOHOKU JURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICIN vol.212,No.3,July 2007 221-228.
(主な学会発表)
  • 三橋幸聖 鈴木憲雄 鈴木久義 ほか:初年次作業療法学生に対する作業療法の職業アイデンティティーの確立にむけたティーム・ティーチングの試み 第20回日本作業療法教育学術集会 2015(奈良)
  • Mitsuhashi K, Seki K ,Handa Y:Application of a cycling Wheelchair to occupational therapy  16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists,2014 (Yokohama Japan)

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000