ホーム > 学部・富士吉田教育部 > 保健医療学部 > 作業療法学科 > もっと詳しく作業療法学科 > 教員から受験生の皆さんへ (臨床教員:嘉部匡朗)

教員から受験生の皆さんへ (臨床教員:嘉部匡朗)

受験生の皆さんへ

作業療法士という職業は奥が深いです.対人援助職の中でも,関わる対象者の幅が広く,また治療として実施できることが限りなく存在します.

そのため,多くの勉強が必要となりますが,勉強が苦手な方も大丈夫です.患者さんや対象者を良くしたいと思う気持ちが強くなればなるほど自然と勉強していくものだと思います。

受験生の時よりも,大学に入ってからよりも,就職してからの方が自主的にたくさん勉強する機会を設けています.

今は,勉強が大変で嫌な事も多いかと思いますが,この先の目標に向かって前向きに努力していきましょう.

教員プロフィール:嘉部匡朗,(Kunio Kabe,講師,作業療法士)

学位・最終学歴

修士(保健医療学)
昭和大学大学院保健医療学部研究科博士前期課程 修了

担当科目

臨床作業療法学,など

教育への抱負

臨床現場で教員をしています.直接,患者様やご家族と関わりをもって作業療法を実践していくことは難しく,大変な事も多いと思います.
しかし,その分だけ自分の生活にも良い刺激があり,やりがいのある仕事です.緊張感のある臨床現場ですが,楽しく共に学んでいきましょう.

所属学会・社会活動

一般社団法人日本作業療法士協会 会員
一般社団法人神奈川県作業療法士会 会員

研究分野

老年期作業療法,精神科作業療法,作業療法士の職業性ストレス

研究内容

昨今の高齢化に伴い増加してきている認知症や老年期うつ病に対する精神科作業療法プログラムの効果を検証している.

また,作業療法士という仕事が円滑に行っていけるように働く上で感じる職業性ストレスになる原因が何かを検証している.

業績

昭和大学学術業績リポジトリ・個別ページ
(主な執筆活動)
三橋幸聖・長島潤・渡部喬之・青木啓一郎・嘉部匡朗・小林崇志.職業アイデンティティの確立に向けた,作業療法臨床参加型実習の導入.作業療法ジャーナル51:563-569

(主な学会発表)
湯浅研・小池丈司・石川万里子・嘉部匡朗・他.昭和大学横浜市北部病院における摂食嚥下障害患者への多職種連携の取り組みと歯科の介入.第9回日本総合歯科学会総会・学術大会.2016(岡山)

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000