ホーム > 学部・富士吉田教育部 > 保健医療学部 > 作業療法学科 > もっと詳しく作業療法学科 > 教員から受験生の皆さんへ (臨床教員:齋藤甚)

教員から受験生の皆さんへ (臨床教員:齋藤甚)

受験生の皆さんへ

作業療法士になりたい!
そう思った方へ。

このページをご覧頂きありがとうございます。
作業療法って難しそうと不安に思っている方もいらっしゃるかもしれません。
私も大学に入学する前は同じでした。

しかし、作業療法士は、人の人生に関わることが出来る仕事です。
私たち作業療法士は、病気になった方の生きがいや幸せを取り戻すことを目指して日々奮闘しています。
そして、人の人生に関わることが出来るこの仕事は、私たちにおいても幸せな仕事であると思います。
大学に入ってからは、身体のことや心のこと、作業療法のことなど、難しいけど楽しいことが沢山学べ、多くの仲間も出来て、充実した4年間を過ごすことが出来るはずです。

作業療法士になりたい!
そう思った皆さんを、私たちはお待ちしています。
一緒に沢山のことを学びましょう。

教員プロフィール:齋藤甚,(Saito Jin,講師,作業療法士)

学位・最終学歴

修士(保健医療学)
昭和大学大学院保健医療学研究科博士前期課程 修了

担当科目

臨床作業療法学,など

教育への抱負

作業療法士を目指す上で学ぶことは、難しいと感じることが多くあるかもしれません。しかし、難しいだけでなく面白いと思えることに作業療法の奥深さがあると思います。内容を理解した時の面白さや実際の現場で得られる刺激などを丁寧にお伝え出来たらと思います。

所属学会・社会活動

一般社団法人日本作業療法士協会 会員
一般社団法人東京都作業療法士会 会員
一般社団法人日本老年医学会 会員

研究分野

身体拘束に関連する要因、急性期作業療法

研究内容

身体拘束とは、安全に治療をすることや転倒を予防すること等を目的として、病院などで患者様に対して行われていますが、患者様に不利益を及ぼすことも指摘されています。そのため、身体拘束を減少出来る要因を探る研究をしています。
その他、急性期における作業療法関連の研究もしています。

業績

昭和大学学術業績リポジトリ・個別ページ

(主な学会発表)

  • 齋藤甚,鈴木久義,青木啓一郎.入院患者における身体拘束実施に関連する要因の検討—拘束群・非拘束群間における患者特性の比較分析—.第51回日本作業療法学会,2017(東京)
  • 青木啓一郎,齋藤甚,鈴木久義.大学病院における転帰予測因子の検討.第51回日本作業療法学会,20177(東京)
  • 齋藤甚.入院患者における身体拘束実施に関連する要因の検討.第25回全日本民医連神経リハビリテーション研究会,2015(京都)

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000