ホーム > 学部 > 薬学部 > 進路

進路

新しい薬剤師国家試験に向けて準備万端

2011年度から6年制の薬学生に対する国家試験が始まります。昭和大学薬学部は従来の国家試験でも常に全国平均を上回る高い合格率を保ってきました。新カリキュラムに基づく国家試験でも、昭和大学の卒業生が全国のトップクラスの合格率を獲得すると予想されます。その理由は、6年制の新カリキュラムに対応した教育を全国の薬学部に先駆けて導入し、新しい時代の薬剤師の育成を実践しているからです。

卒業後の進路

Step.1 卒業試験に合格すると、薬剤師国家試験の受験資格が得られます。
Step.2 国家試験に合格すると、薬剤師免許を取得できます。
Step.3 病院・診療所薬局、調剤薬局、製薬企業など、各領域へ。本学の6年制教育で養成されるチーム医療の担い手が、患者さんをはじめとする多くの人々のために活躍できるように、新たに設置されたキャリア支援室が全力で就職を支援します。

世界の薬剤研究、そのフロントランナーをめざして

大学院薬学研究科はこれまで4年制薬学部を卒業後、2年間の博士(前期)課程さらに3年間の博士(後期)課程が設けられていました。2006年度の薬学部6年制移行に伴い、2012年度からは4年制の博士課程へ変更することが予定されています。新制大学院では、「薬学的臨床研究能力」を磨き、これからの病院・薬局での指導的薬剤師、薬物研究者となる人材を養成します。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000