ホーム > 学部 > 薬学部 > 学部の特徴・理念

学部の特徴・理念

薬学部の教育研究上の目的

 薬学部は「至誠一貫」の精神のもと、薬学を通して医療の発展と国民の健康増進と福祉に真心をもって寄与する優れた薬剤師を育成することを目的とする。そのため以下の教育研究を展開する。
1.プロフェッショナリズムをはぐくむ教育の推進
2.薬物治療を主体的に実践する能力の育成
3.学部連携・チーム医療教育の推進
4.医療にかかわる問題の発見・解決能力の醸成。

薬学部ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針、卒業時の達成目標)

 「至誠一貫」の精神のもと、薬学を通して医療の発展と国民の健康増進と福祉に真心をもって寄与する優れた人材を育成することを目的としています。この目的を達成するための特色あるカリキュラムを通して以下に関する基本的資質・能力を身につけた者に、学士(薬学)の学位を授与します。

1.プロフェッショナリズム

 • 薬剤師としての責務を自覚し、強い責任感と倫理観を持って、患者や地域住民に医療を提供できる。

2.コミュニケーション能力

 • 多様な背景を持つ人々と良好な人間関係を築くことができる。
 • 患者や地域住民、医療関係者などとの間で、必要な情報の収集・提供を適切に行うことができる。

3.患者中心のチーム医療

 • 医療を共に担う多職種の職能を相互に理解・尊重し、患者に関わる情報を共有できる。
 • 多職種と連携・協力しながら薬剤師の専門性を発揮し、患者中心の医療を実践できる。

4.専門的実践能力

4-1 医薬品の調製、管理、供給
 • 医薬品の多様な特性と法的規制を理解し、医薬品の調製、管理、供給を適切に実施できる。
4-2 薬物治療の計画・実践・評価
 • 患者の病態とともに患者・家族の心理・社会的な背景を把握した上で、科学的な根拠と医薬品の特性に基づいて、安心・安全な薬物治療を実践できる。

5.社会的貢献

 • 医療・福祉にかかわる社会的背景を把握し、プライマリケア、セルフメディケーション支援、在宅医療等を通じ、地域における人々の疾病予防、健康回復・維持・増進と地域の公衆衛生の向上に貢献する。

6.薬学研究と自己研鑽

 • 医療・薬学に関わる研究課題に取り組む科学的探求心を有する。
 • 論理的、批判的な視点から医療・薬学に関わる問題を発見し、解決するための方策を提示できる。
 • 最新の知識や技能、必要な情報を、国際的視野に立脚して生涯にわたって獲得する意欲と態度を有する。
 • 医療における自らの行動を常に省察して、自己向上に努める。

7.アイデンティティ-

  • 昭和大学の伝統を重んじ、その名誉を高めるために全力を尽くす。

薬学部カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 ディプロマ・ポリシーを達成するため、体系的、段階的なカリキュラムを全学年にわたって構築しています。病院での実務実習は本学の附属病院ですべて実施します。カリキュラム(教育課程)策定方針を以下に列挙します。

1.プロフェッショナリズム

 薬剤師としての責務を認識し、倫理観を醸成するための授業科目(医療現場での体験実習を含む)を1年次から各学年で開講する。特に法規・規範を理解するための授業科目は2年次から開講する。授業で培った責務と倫理観をもって人間性豊かな医療を実践する態度を身につけるため、4年次後期から附属病院および薬局において参加・実践型の実務実習を行う。
 知識に関する評価は筆記・口頭試験、態度を加えた評価はポートフォリオ、レポート、ルーブリック等を用い、成長過程も合わせて評価する。

2.コミュニケーション能力

 1年次は寮生活、初年次体験実習(在宅・福祉施設訪問等を含む)、学部連携科目などを通して多様な背景を持つ人々と良好な人間関係を構築する。2年次からは、医療人として患者・家族、医療スタッフなどと適切に対応し、情報の収集・提供能力を修得するために、コミュニケーション演習、PBLチュートリアルなどの授業科目において参加型学修(模擬患者を対象としたロールプレイ実習を含む)を行う。4年次後期からは、附属病院の病棟や薬局・在宅で患者や家族との面談・指導および他学部学生、多職種との連携を実践する多様な実務実習を行う。
 これらの評価は、レポート、ポートフォリオ、ルーブリック等を用い、成長過程も合わせて評価する。

3.患者中心のチーム医療

 体系的な学部連携カリキュラムを全学年で構築する。1年次はチーム医療の基本を理解し、学生間の連携・協力の基盤を身に付けるために、寮生活のもと、多様な学部連携科目を開講する。2~4年次は、多職種間の相互理解と連携・協力をもとに、チーム医療を実施するシミュレーションとして、累進的に構成された学部連携PBLチュートリアルを各学年で開講する。4年次末~6年次には、患者中心のチーム医療を、医療現場で実践する能力を身に付けるため、附属病院・地域での実務実習・学部連携実習を行う。
 チーム医療に求められる知識、技能、態度の評価はポートフォリオ、レポート、ルーブリック等を用い、成長の過程も合わせて評価する。
 

4.専門的実践能力

4-1 医薬品の調製、管理、供給
 医薬品の多様な特性を理解するために、1年次より薬学の基礎知識を学び、学年進行に応じて医療への応用が修得できるよう、体系的かつ段階的に講義・演習・実習を構築する。医薬品に関わる法規制を理解するための科目は2年次より、医療現場で医薬品の調製、管理、供給を適切に実践するために必要な知識、技能、態度を修得するための講義と実習は3年次より開講する。これらの授業で身につけた能力を薬学共用試験(CBT,OSCE)で評価したのち、4年次末から附属病院と薬局で実務実習を行う。
 これらの評価には、筆記試験、口頭試験、レポート、ポートフォリオ、ルーブリック等を用い、成長の過程も合わせて評価する。なお、知識レベルについては学年末の進級試験や卒業試験により総括的評価を行う。
 
4-2 薬物治療の計画・実践・評価
 薬物治療に必要な基本的知識を修得する科目は主として1~3年次に開講し、4~6年次には科学的な根拠に基づいた思考力や判断力、薬物治療の実践力を涵養するための授業科目を配置する。2年~4年次の「薬と疾病」、「PBLチュートリアル」では、医薬品の特性と科学的根拠に基づいた安心・安全な薬物治療を実践する能力の基盤を作る。4年次以降の実務実習(附属病院17週間、薬局11週間)では患者・家族の心理・社会的な背景を把握した上で薬物治療を実践するための学修を行い、5年次からのクリニカルクラークシップでは主体的に実践する。臨床における問題発見・解決能力を醸成するために、自己主導型学修をサポートし、省察と適切なフィードバックによって継続的な成長を促す。
 これらの評価には、筆記試験、口頭試験、ポートフォリオ、レポート、ルーブリック等を用い、成長の過程も合わせて評価する。なお、知識レベルについては学年末の進級試験や卒業試験により総括的評価を行う。

5.社会的貢献

 プライマリケア、セルフメディケーション支援、在宅医療を実施する上での基本的な知識、技能、態度を修得するため、1年次より地域医療(在宅チーム医療教育を含む)、2年次から衛生薬学、「薬学と社会」に関する講義と実習を開講する。各学年で段階的な学修を継続した後、4年次末からの実務実習において地域での実践的学修を行う。
 これらの評価には、筆記試験、口頭試験、ポートフォリオ、レポート、ルーブリック等を用い、成長の過程も合わせて評価する。なお、知識レベルについては学年末の進級試験や卒業試験により総括的評価を行う。

6.薬学研究と自己研鑽

 基本的な研究手法を修得するために、2年次から各専門領域の実習を実施する。3年次において研究倫理ならびに統計的手法を学ぶ科目を開講する。さらに国際的な視野を持って高度な専門知識、研究手法、そして科学的根拠に基づいた問題発見・解決能力を身につけるため、4~6年次には薬学研究を行う。4年次以降の薬学研究、実務実習、演習は、自学自習を強く促し、省察と適切なフィードバックによって生涯にわたる自己研鑽の土台を作る。学会、学位論文発表会などに参加し、卒業後も研鑽を積んでいる薬剤師の活動を知る機会も設ける。
 これらの評価には、筆記試験、口頭試験、実地試験、レポート、ルーブリック等を用い、成長の過程も合わせて評価する。なお、薬学研究については研究成果の発表と論文により総括的評価を行う。

7.アイデンティティ-

 全学年にわたって実施する4学部連携教育やアイデンティティー教育により、本学の伝統や特長を認識し、昭和大学卒業生としてのプライドを持って医療に貢献する薬剤師を養成する。
 
 評価は口頭での確認やポートフォリオ等を用い、成長の過程も合わせて評価する。

薬学部アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

 昭和大学薬学部は「至誠一貫」の精神のもと、薬学を通して医療の発展と国民の健康増進と福祉に真心をもって寄与する優れた人材を育成することを目的としています。昭和大学薬学部のカリキュラムを修得し、卒業時に求められる能力を達成できる学生として、日々の学修と多様な経験の中から以下の能力を身に付けている人を求めます。

1.薬剤師となる明確な目的意識を有する人
2.本学に対する明確な志望動機を有する人
3.中等教育の学業において、数学や理科(物理、化学、生物)などの自然科学と英語の基礎知識を持ち、国語、社会も幅広く履修した人
4.他者を理解し、思いやりの心を持てる人
5.人とかかわることに関心を持ち、基本的なコミュニケーション能力を有する人
6.知的好奇心にあふれ、新しい分野に積極的に挑戦できる人
7.1年次の全寮制共同生活・学修に積極的に取り組める人

上記の人を選抜するために次のような入学試験を実施します。

【推薦入試】

1.基礎学力テストにより、英語、数学、化学の基礎的な学力を有するか判定します。
2.小論文試験により、科学的思考力、良好な倫理観、課題に対する理解力及び自身の考えを明確な文章で表現する力などを評価します。
3.面接試験により、薬学に対する勉学意欲、豊かな人間性、本学に対する明確な志望動機、社会に向き合う態度、基本的なコミュニケーション能力などを評価します。
4.さらに調査書及び願書から推測される日常活動を考慮して、総合的に判定します。

【一般入試(選抜試験Ⅰ期・Ⅱ期)】

1.学力試験により、英語、数学、化学について基本となる学力を十分に有するか判定します。
2.面接試験により、薬学に対する勉学意欲、豊かな人間性、本学に対する明確な志望動機、社会に向き合う態度、基本的なコミュニケーション能力などを評価します。
3.さらに調査書及び願書から推測される日常活動を考慮して、総合的に判定します。

【大学入試センター試験利用入試(A方式:センター利用入試)】

1.大学入試センター試験の結果をもとに、英語、数学、理科について基本となる学力を十分に有するか判定します。
2.面接試験により、薬学に対する勉学意欲、豊かな人間性、本学に対する明確な志望動機、社会に向き合う態度、基本的なコミュニケーション能力などを評価します。
3.さらに調査書及び願書から推測される日常活動を考慮して、総合的に判定します。

【大学入試センター試験利用入試(B方式:地域別選抜入試)】

1.一次試験は学力試験により行います。大学入試センター試験の結果をもとに、英語、国語、数学・理科について基本となる学力を十分に有するか判定します。
2.二次試験は一次試験合格者を対象に小論文試験と面接試験を行います。
 2-1 小論文試験により、科学的思考力、良好な倫理観、課題に対する理解力及び自身の考えを明確な文章で表現する力などを評価します。
 2-2 面接試験により、薬学に対する勉学意欲、豊かな人間性、本学に対する明確な志望動機、社会に向き合う態度、基本的なコミュニケーション能力などを評価します。
 2-3 さらに調査書及び願書から推測される日常活動を考慮して、総合的に判定します。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000