ホーム > 学部 > 薬学部 > 学部長あいさつ

学部長あいさつ

昭和大学 薬学部長 中村 明弘

昭和大学は医学部、薬学部、歯学部、保健医療学部(看護学科、理学療法学科、作業療法学科)の4学部6学科からなる医系総合大学です。
1年次より段階的かつ体系的なチーム医療教育を行い、「昭和大学から始める、昭和大学だからできる」をモットーに先進的な薬学教育を展開しています。
以下に本学薬学部の特色を紹介いたします。

特色1.チーム医療教育のスタートは全寮制 -共に学び、共に暮らす-

昭和大学の大きな特色として1年次全寮制があります。山梨県の富士吉田キャンパスで4学部の学生が学部混合の4人部屋で1年間共に生活します。医療人を目指す4学部の仲間と共に学び共に暮らすことにより、将来の医療を担う仲間とキャンパスライフを楽しみながら絆を深めていきます。

特色2.段階的、体系的なチーム医療教育

病院病棟でのチーム医療教育

「初年次体験実習」に始まり、2~4年次の「学部連携PBLチュートリアル」、5年次の「学部連携病棟実習」、6年次の「学部連携チーム医療実習」と、昭和大学のチーム医療教育は全学年にわたって段階的かつ体系的に学ぶカリキュラムを構築しています。どの科目でも4学部の学生が一つのチームを組み、お互いの専門知識やスキルを共有しながら問題の発見解決に取り組みます。とくに5年次の「学部連携病棟実習」では、昭和大学附属病院の病棟で学生チームが一人の患者を担当し、各自が収集した情報をチームで共有し、担当患者の治療・ケアについて討議・提案します。またチームメンバーによる治療・ケアを見学・体験することにより多職種の役割について理解を深めます。

地域でのチーム医療教育

文部科学省「課題解決型高度医療人材養成プログラム」に本学の「大学と地域で育てるホームファーマシスト~患者と家族の思いを支え、在宅チーム医療を実践できる薬剤師養成プログラム」(平成26~30年度)が採択されました。そこで本学では全学的な取り組みとして「在宅チーム医療教育推進プロジェクト」を立ち上げ、在宅チーム医療の段階的かつ体系的な教育プログラムの構築を進めています。本プロジェクトの推進には都薬の先生方のご理解とご協力が欠かせませんので、ご指導ご助言をよろしくお願いします。

特色3.クリニカルクラークシップ -体験型から治療参加型へ-

全国の医学部で実践を目指している診療参加型実習(クリニカルクラークシップ)を、昭和大学薬学部でも導入することとし、病院実務実習カリキュラムの改革を行いました。薬学部における「クリニカルクラークシップ」は次のように定義づけました:「学生が医療チームの一員として実際の治療に参加し、より実践的な能力を身に付ける参加型実習のことで、標準的な複数の患者の疾患・治療について、医療チームの一員として学生が主体的に学習し、指導者からの助言を受けながら担当患者の治療案(薬物治療)を作成し、提案する(カンファレンス等でも発表)。学生は、その提案を医療スタッフの指導のもと実践する」。
この新しい病院実務実習カリキュラムは平成27年度4年生から実施しています。4年生は12月の薬学共用試験に合格した後、2月に本学附属病院でまず5週間の「病院実習1」を行い、5年次に進級後12週間の「病院実習2」を行います。「病院実習2」はすべて病棟中心の患者担当制で、1病棟4週間ずつ3病棟をまわり、段階的な成長により3病棟目においてクリニカルクラークシップの実践を目指します。7つの附属病院と約90名の臨床教員薬剤師を有する本学だからこそ17週間の病院実習が可能となりました。

特色4.卒後教育・生涯研鑽

本学では医系総合大学の環境を活かし、卒業後の薬剤師に対して以下のような教育研究プログラムを提供しています。

大学院薬学研究科博士課程

本学では大学院教育でも医学・歯学・保健医療学研究科と連携しています。従来の薬学基礎研究はもちろん、大学附属病院や地域における臨床研究、基礎と臨床を融合した研究も本研究科では実施可能です。

昭和大学薬剤師レジデント

1年間で複数の昭和大学附属病院、複数の診療科で研修し、標準的な薬物治療を習得してジェネラリストとしての素養を育みます。レジデントにはプリセプター(指導担当薬剤師)がつき、成長を支援します。

薬剤師生涯研修認定制度

昭和大学薬学部では薬剤師の生涯研修を支援する体制を新たに構築し、平成28年6月に薬剤師認定制度認証機構の認証を得て、生涯研修教育プログラムの提供を始めました。6年制薬学教育をリードしてきた本学の実績を活かし、生涯研修教育プログラムにおいても実践的で独自性のある内容を提供しています。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000