認定薬剤師の認定について

認定薬剤師の認定条件

初回申請の場合

1)4年以内に40単位以上を取得する。(毎年5単位以上)

2)40単位のうち20単位以上は、昭和大学認定単位(シール)を使用する。

なお40単位のうち20単位以内は、学会発表、論文発表及び他の実施機関(プロバイダ ー)で取得が可能ですが、他のプロバイダーとは公益社団法人 薬剤師認定制度認証機構(CPC)認証の実施機関での取得単位に限ります。

更新申請の場合

1)3年間で30単位以上を取得する。(毎年5単位以上)

2)30単位のうち15単位以上は、昭和大学認定単位(シール)を使用する。

なお、30単位のうち15単位以内は、学会発表、論文発表及び他の実施機関(プロバイダー)で取得が可能ですが、他のプロバイダーとは公益社団法人 薬剤師認定制度認証機構(CPC)認証の実施機関での取得単位に限ります。

【 研修期間の特例 】
初回4年、更新3年の期間は出産・育児、病気等、やむを得ない事由により受講できなかったと昭和大学薬学部生涯教育推進委員会が認めた場合には、その期間分は延長することができます。

昭和大学薬学部生涯研修認定フロー

 

認定の適否評価

昭和大学薬学部生涯教育推進委員会が申請のあった研修認定薬剤師の新規認定及び更新認定の審査を行います。
認定に必要な単位を取得したと認められる場合は、本学薬学部長が研修認定薬剤師として認定します。研修認定薬剤師として認定した者に対し、認定薬剤師証を交付します。

認定取得のための研修単位

(1) 本学部主催事業

 1) 生涯研修プログラム
 (1)  講義研修 90分 1単位

※1日4単位を上限とする。ただし、複数日にわたって行われる研修については、2日
   間6単位、3日間9単位を上限とする。

   (2)  演習・実習研修 120分 1単位

※1日3単位を上限とする。ただし、複数日にわたって行われる研修については、2日
   間 6単位を上限とする。

2) 大学院特論講義研修 90分 1単位

※1日4単位を上限とする。

(2) 論文、学会等への発表

 1) 論文発表
    (1) 主著者(first authorまたはcorresponding author) 5単位

    (2) 共著者 2単位

※査読のある論文に限る。

 2) 学会発表
    (1)発表者 2単位

    (2)共同発表者 1単位

(3) 他の認証機関の実施事業

 公益社団法人 薬剤師認定制度認証機構が認証した機関(生涯研修プロバイダー)において習得した単位も認める。ただし、新規は20単位、更新は15単位の範囲内で認定する。

昭和大学薬学部 生涯研修単位認定シール

昭和大学薬学部 薬剤師生涯研修認定制度

     2単位  

認証番号 G19 S1  16060923   02


<単位識別コードの読み方>

認証番号      : G19が昭和大学薬学部の認証番号です。
研修区分番号   : S1は講義を表します。S2は演習・実習、S3は大学院特論講義、S4は
              自己(論文発表及び学会発表)、S5はその他となります。
受講単位取得日  : 160609・23は、2016年6月9日・23日を表します。
単位数        : 02は、2単位を表します。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000