講座紹介

臨床で広く用いられる非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、シクロオキシゲナーゼ(COX)に作用し、プロスタグランジン(PG)類の生合成を抑えることで、解熱、鎮痛、抗炎症などの作用を発揮する。しかし、一方でPG類が様々な生理作用をもつために、NSAIDsには副作用も少なくない。
ホスホリパーゼA2(PLA2)とPG類最終合成酵素はそれぞれ、膜リン脂質からPG類が産生される際に、COXの上流と下流で働く酵素である。衛生化学教室では、副作用のないNSAIDsを発見すること、PG類の新しい機能を発見すること、さらにPG類以外の未知の生理活性脂質を発見することを目標に、PLA2とPG類最終合成酵素に注目し、これら酵素の機能について研究している。具体的なテーマは以下の通りである。

ホスホリパーゼA2(PLA2)に関する研究

私たちのグループの研究により、炎症局所に存在するIIA型分泌性PLA2(sPLA2-IIA)、血小板に存在しアラキドン酸を特異的に切り出す細胞質型PLA2が同定されて以来、多くのPLA2アイソザイムが相次いで同定された。これらの機能未知のアイソザイムについて以下の研究を進めている。

  • sPLA2-IIIおよびsPLA2-Xのアレルギー、雄性生殖における機能の解析
  • iPLA2γの生体内機能の解析

プロスタグランジン類最終合成酵素に関する研究

COXにより産生されたPGH2は、PG類最終合成酵素により種々のPG類に変換される。私たちはPGE合成酵素(PGES)について解析を進め、常在型の細胞質型PGES(cPGES)と誘導型の膜結合型PGES(mPGES-1)を世界をリードして同定し、さらにその調節機構、病理現象や生理現象との関わりを明らかにしてきた。PGESならびに、別の最終合成酵素の1つ、PGI合成酵素(PGIS)について以下の研究を進めている。

  • mPGES-1の炎症、がんにおける機能の解析
  • cPGESの生体の恒常性維持における機能の解析
  • PGISの生殖生理系における機能の解析

新奇生理活性脂質に関する研究

sPLA2-IIAは炎症性刺激に伴いその発現が誘導されてくるが、私たちはこのsPLA2-IIAの発現誘導機構を解析する過程で、この発現誘導に構造未知の生理活性脂質が関わることを見いだした。この新奇生理活性脂質について以下の研究を進めている。

  • 新奇生理活性脂質の構造および機能の解析
  • 新奇生理活性脂質の生合成経路の解析

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000