ホーム > トピックス一覧(2015年度) > 昭和大学が東京都歯科医師会と歯学部学生教育に関する協定を締結

昭和大学が東京都歯科医師会と歯学部学生教育に関する協定を締結

2015年4月24日

昭和大学は、東京都歯科医師会と歯学部学生教育に関する協定を締結しました。

この協定は、超高齢社会の到来とともに地域歯科医療を学ぶことが歯学教育の重大な要素と考える昭和大学と東京都歯科医師会が相互に連携し、社会のニーズに応えることができる歯科医師を養成することを目的としています。

調印式は4月22日、本学旗の台キャンパスで行われ、本学の宮崎隆歯学部長と東京都歯科医師会の高橋哲夫会長は協定書への署名を終えると、握手を交わして、今後の連携・協力を確認しました。

宮崎歯学部長はこの協定締結について「歯科医療が超高齢社会に適応し、かつ社会に貢献する医療人を育成するため、大学の教育ではできない部分を地域の先生方と一体となって取り組んで行きたい」と今後の展望を述べ、高橋会長は「一人でも多くの学生が医療人として成長し、こころを持った歯科医師として社会に輩出されるよう協力していきたい」と語りました。

両者は今後、地域に根付いた歯科医療を学ぶ医療実習や、最新医療技術などに関する情報の交換、講師の派遣などで連携・協力を図っていきます。

  • 写真1
  • 写真2

ページ先頭へ戻る

「トピックス一覧(2015年度)」に戻る

    • 昭和大学が東京都歯科医師会と歯学部学生教育に関する協定を締結
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000