ホーム > トピックス一覧(2017年度) > 皮膚および毛髪の黒化促進剤、その黒化促進剤を含む黒化促進用外用剤および黒化促進用飲食品に関する特許を取得

皮膚および毛髪の黒化促進剤、その黒化促進剤を含む黒化促進用外用剤および黒化促進用飲食品に関する特許を取得

2017年8月2日

  学校法人昭和大学は、この度「皮膚および毛髪の黒化促進剤、その黒化促進剤を含む黒化促進用外用剤および黒化促進用飲食品」の特許を2件取得し、発明者の久光正特任教授、藤原博士兼任講師が小出学長によって表彰されました。これは、本学とフジケミカル株式会社とで共同出願されたものです。
九州地方で自生している日本固有種ヒュガウトウキ(セリ科の植物)の抽出物に、メラニン色素の黒化を促進する作用を活用した黒化促進剤について昨年度特許を取得しましたが、今回はこの黒化促進剤の製造方法と、製剤の中でも飲食品・栄養補助食品としての用途に関して新規性・進歩性が認められ、特許を取得しました。

◆特許の概要
【特許番号】日本 第6163147号、第6163235号
【発明の名称】皮膚および毛髪の黒化促進剤、その黒化促進剤を含む黒化促進用外用剤および黒化促進用飲食品

【関連記事】学校法人昭和大学とフジケミカル株式会社が皮膚および毛髪の黒化促進剤に関する特許を取得
 

  • (左から)小川医学部長、藤原兼任講師、久光特任教授、小出学長 

ページ先頭へ戻る

「トピックス一覧(2017年度)」に戻る

    • 皮膚および毛髪の黒化促進剤、その黒化促進剤を含む黒化促進用外用剤および黒化促進用飲食品に関する特許を取得
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000