ホーム > トピックス一覧(2017年度) > 上條記念館内の上條講堂に設置する緞帳原画が完成しました

上條記念館内の上條講堂に設置する緞帳原画が完成しました

2017年8月3日

創立90周年記念事業として建設中の、上條記念館内の上條講堂に設置する緞帳原画の制作を、本学と包括連携協定を締結している多摩美術大学の中野嘉之名誉教授(日本画家)に依頼していましたが、制作完了に伴い8月2日(水)に本学において引き渡し式を執り行いました。

式中において中野名誉教授より緞帳原画制作過程の映像を見ながら絵画の説明していただくとともに、制作への思いを拝聴いたしました。
原画は普段描かれている絵の制作とは異なり、緞帳に仕上がったことを計算し制作していただいたとのことです。
これからこの絵画をもとに緞帳制作となりますが、中野名誉教授の繊細な絵画がどのように緞帳へと作り上げられるかが楽しみです。

なお、制作される緞帳がお披露目となるのは上條記念館が完成する2019年4月以降となります。

  • 上條講堂イメージ

【動画】多摩美術大学 中野嘉之名誉教授(日本画家) 緞帳原画制作過程

ページ先頭へ戻る

「トピックス一覧(2017年度)」に戻る

    • 上條記念館内の上條講堂に設置する緞帳原画が完成しました
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000