ホーム > トピックス一覧(2017年度) > 吉田の火祭りに大松明を奉納しました

吉田の火祭りに大松明を奉納しました

2017年8月29日

8月26日、「吉田の火祭り」が山梨県富士吉田市で行われ、ことしも昭和大学富士吉田校舎として大松明を奉納しました。

400年以上の歴史と伝統をもつこの祭りは日本三奇祭の一つとされ、富士山が噴火しないようにとの願いが込められています。また国の重要無形文化財にも指定されています。
夕暮れとともに、北口本宮冨士浅間神社近くの富士みち沿いに立てられた高さ約3メートル、重さは200キロにもなるたいまつ87本に次々と火がともされ、燃え上がる炎が晩夏の夜空を赤々と照らしました。

ページ先頭へ戻る

「トピックス一覧(2017年度)」に戻る

    • 吉田の火祭りに大松明を奉納しました
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000