ホーム > トピックス一覧(2017年度) > 小野賢二郎教授が風戸賞を受賞しました

小野賢二郎教授が風戸賞を受賞しました

2018年3月8日

小野賢二郎教授(医学部内科学講座神経内科学部門)が平成29年度風戸賞を受賞しました。
風戸賞は、電子顕微鏡ならびに関連装置の研究・開発および、電子顕微鏡ならびに関連装置を用いた研究(医学、生物学、材料学、ナノテク、その他)において優れた業績を挙げた研究者に公益財団法人風戸研究奨励会から贈られる賞です。
小野教授の研究課題「原子間力顕微鏡および電子顕微鏡によるアミロイド構成蛋白質凝集の観察」が高く評価され、このたびの受賞となりました。
授賞式は3月3日、経団連会館(東京都千代田区)にて行われました。
 
 

<受賞コメント>
僕は約20年のアミロイド研究において電子顕微鏡を最も得意としており、この賞は憧れていました。
ただ、同時に対象が科学、材料学全般にわたり、レベルも高いので、僕のような臨床家には縁がないとも思っておりました。今回、選考委員会の先生方が臨床の傍でアルツハイマー病研究に一途に打ち込んできた点を高く評価してくださったことが分かり、とても感謝しております。まだまだ足りないところばかりですが、今後ともよろしくお願いします。
  •  

ページ先頭へ戻る

「トピックス一覧(2017年度)」に戻る

    • 小野賢二郎教授が風戸賞を受賞しました
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000