ホーム > トピックス一覧(2018年度) > 歯学部5年西田訓子さんがスチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム(SCRP)で入賞しました

歯学部5年西田訓子さんがスチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム(SCRP)で入賞しました

2018年11月8日

8月24日、日本歯科医師会館で開催された第24回スチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム(SCRP)日本代表選抜大会において、西田訓子さん(歯学部5年)が、研究テーマ『口腔と免疫関連組織に対する骨吸収抑制薬の新たな薬理作用』について発表し、基礎部門の2位に入賞しました。
10月17日、歯学部長より入賞楯の授与式が行われました。
スチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム(SCRP)は、歯科学生の研究意欲の向上と歯科医療の発展を担う歯科学生の育成を目的とし、日本歯科医師会主催で毎年開催される英語による研究発表会です。平成30年度は、全国26の歯学部・歯科大学から各1名の学生が研究発表を行いました。
 
 

西田訓子さんの受賞コメント

私は、マルチドクタープログラムの研究テーマである『口腔と免疫関連組織に対する骨吸収抑制薬の新たな薬理作用』について発表しました。他大学の発表内容はとてもレベルが高かったので、基礎部門の2位に自分の名前が呼ばれた時は本当に驚きました。
臨床実習後に毎日のように歯科薬理学講座に通い、μCT解析や組織切片の作成、フローサイトメトリー等を行ってきましたが、失敗ばかりで自分の技術の未熟さを痛感する日々が続きました。このような地道な努力が研究であり、自分でやらなければ何も新しい結果は得られないと気づけた事は、今後、大学院に進学してもっと研究を掘り下げ、その成果を臨床に役立てたいという気持ちに火をつけました。
最後に、親身になって研究を指導してくださった歯科薬理学講座の先生方、応援してくれた友人と家族に心から感謝いたします。
 

ページ先頭へ戻る

「トピックス一覧(2018年度)」に戻る

    • 歯学部5年西田訓子さんがスチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム(SCRP)で入賞しました
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000