ホーム > トピックス一覧(2018年度) > 森村学園にて医学部髙宮教授が「いのちの授業」を行いました

森村学園にて医学部髙宮教授が「いのちの授業」を行いました

2019年2月22日

平成31年2月21日(木)特別協定校である森村学園中等部高等部内講堂にて、森村学園高等部2年生183名を対象に、医学部医学教育学の髙宮有介教授が「死から生といのちを考える、あなた自身のケア」をテーマに「いのちの授業」を行いました。
講義では、髙宮教授が今まで出会ってきた患者さんとのエピソードから、緩和ケアとは何か、命の尊さについて多くのメッセージを生徒へ伝えました。
生徒は、熱心に講義を聴きながらメモをとり、一日一日を大切に生きることを改めて学んでいました。
来年度も引き続き、両校は様々な相互交流を通じて高大連携を強めていきます。











 

ページ先頭へ戻る

「トピックス一覧(2018年度)」に戻る

    • 森村学園にて医学部髙宮教授が「いのちの授業」を行いました
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000