ホーム > トピックス一覧(2018年度) > 昭和大学病院 放射線技術部 木村晴美技術員が SART2019ソウル特別市放射線士会学術大会International sessionにおいて優秀演題に選出されました

昭和大学病院 放射線技術部 木村晴美技術員が SART2019ソウル特別市放射線士会学術大会International sessionにおいて優秀演題に選出されました

2019年3月19日

2019年3月14日~17日に大韓民国ソウル市において開催されたSART2019ソウル特別市放射線士会学術大会International sessionにおいて、昭和大学病院 放射線技術部 木村晴美技術員が報告した「The development of positioning aid for lateral knee x-ray after High Tibial Osterotomy 」が優秀演題に選出されました。


木村晴美さんのコメント

SART2019ソウル特別市放射線士会学術大会のInternational SESSIONにおきまして「Oral and Stage Narrative Prize」として評価して頂きました。
研究内容は、高位脛骨骨切り術を施行した患者さんの膝関節側面撮影を正確にかつ再現性良く撮影するために用いる補助具を開発し、その有効を示しました。私が日常業務で携わった分野のなかでも関心のある一般撮影の分野でこのように評価していただけたことを大変嬉しく思います。この刺激を糧に未だ携わっていない新たな分野でも学びを継続し、臨床や研究に活かせるよう今後も日々精進していく所存です。
 

ページ先頭へ戻る

「トピックス一覧(2018年度)」に戻る

    • 昭和大学病院 放射線技術部 木村晴美技術員が SART2019ソウル特別市放射線士会学術大会International sessionにおいて優秀演題に選出されました
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000