ホーム > トピックス一覧(2019年度) > 先端歯学スクール2019で笹間雄志さんが最優秀賞を受賞しました

先端歯学スクール2019で笹間雄志さんが最優秀賞を受賞しました

2019年9月14日

8月27日・28日の二日間に渡り大阪大学で開催された先端歯学スクール2019で、笹間雄志さん(大学院歯学研究科4年)が、最優秀賞を受賞しました。
同スクールは、国公立大学歯学部長・病院長会議と密接な連携をもつ「先端歯学国際教育研究ネットワーク」が毎年開催するもので、歯科系大学の卓越した能力をもつ大学院生を対象に、歯学分野の未来を担う若手研究者を育成することを目的としています。
全国国公立大学の大学院生が一堂に会する同スクールにおいて、ただ一人私立大学からの参加となった笹間さんは、並み居る大学院生を抑えて最優秀賞受賞者に選ばれる快挙を達成しました。
笠間さんが発表した研究は、軟骨細胞の増殖制御にミトコンドリアにおけるイオウ(硫黄)原子を介したエネルギー代謝(呼吸)システムが関与していることを発見したもので、生体の発生制御機構の研究分野に全く新しい概念を提示したことになります。
笹間さんの研究を直接指導された口腔生化学講座の吉村健太郎講師、宮本洋一准教授および上條竜太郎教授も今回の受賞には喜びの表情を見せました。
本学大学院歯学研究科では今後もアドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシーに基づく教育を実施し、さらに高い研究成果と優秀な人材輩出をしていきます。

 
  •  

     

ページ先頭へ戻る

「トピックス一覧(2019年度)」に戻る

    • 先端歯学スクール2019で笹間雄志さんが最優秀賞を受賞しました
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000