ホーム > トピックス一覧(2019年度) > 昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校にて薬学部沼澤教授が「医療系学部における新たな研究と医薬品開発 -医療人が育む医薬品-」の講演会を行いました。

昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校にて薬学部沼澤教授が「医療系学部における新たな研究と医薬品開発 -医療人が育む医薬品-」の講演会を行いました。

2019年12月18日

 令和元年12月17日(火)本学の薬学部基礎医療薬学講座 毒物学部門の沼澤聡教授が昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校にて、高校2年生及びスーパーサイエンスコースに進んだ中学3年生を対象に、「医療系学部における新たな研究と医薬品開発-医療人と育む医薬品-」をテーマに講演を行いました。
 沼澤教授から新薬が誕生するまでの長い道のりや費用について分かりやすい説明がなされ、学生たちは理系・文系に関わらず、みな関心を持って聴き入っていました。
 講演終了後には、学生から講義の内容についての質問から日常生活で服用する薬まで幅広い質問があり、講演会は盛況のうちに終了しました。
 今後も両校は、様々な相互交流を通じて、高大連携を強めていきます。
 

  •   
  •   
  •   

ページ先頭へ戻る

「トピックス一覧(2019年度)」に戻る

    • 昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校にて薬学部沼澤教授が「医療系学部における新たな研究と医薬品開発 -医療人が育む医薬品-」の講演会を行いました。
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000