食道がんセンター

センター紹介


   村上雅彦教授センター長
村上 雅彦
 
2020年12月1日付けで、『食道がんセンター』が開設されました。
1996年に私が国内他施設に先駆けて胸腔鏡・腹腔鏡併用食道癌根治術を導入し、当初は年間5例という症例数が、年間100例以上を経験するようになり、2018年に『食道外科』が診療科として独立し、より専門性の高い医療の提供を可能としました。これに伴い、食道癌治療という特殊性から他診療科や他職種によるサポート・連携が必須となり、食道癌チームボード・食道癌ボードが立ち上がり、質の高い・合併症の少ない医療=患者にとって低侵襲・安全な医療の実践が実現しました。ここ数年は年間150例近い手術が実施され、単なる診療科の枠を越えた専門性の高いチーム医療の場が必須となりセンターの新設が実現しました。
食道癌手術における当センターの特徴は、ほぼ100%の胸腔鏡手術(ロボット手術含む)であり、1300例以上の実績を誇っています。最も発生率が高く致命的とされる術後合併症である反回神経麻痺・縫合不全率が3%以下という低率化も実現しました。
本センターの目的は、食道癌手術における世界のリーダー的位置を目指す事とともに、患者・医師にも広く開かれたセンターとして発展する事であります。すでに、国内外問わず多くの食道外科医の見学・留学、海外での指導的講演・手術を行っていますが、更なる飛躍の一歩として新規一転がんばる所存であります。
手術を行う限り、最後まで食道外科医が主治医であり、他職種への橋渡しを行う責任があります。より体の負担が少なく、術後合併症が皆無の手術を提供する事を目標として、至誠一貫の精神のもと、常に寄り添える医師であることを理想としています。食道癌治療に対する疑問・質問等に関しても、気兼ねなくご相談頂ければと思います。
食道外科に興味のある医学生・研修医の受け入れ、食道外科医を希望される外科医の修練等、に関しても広く活用できるような場として門戸を開けてお待ちしておりますのでご連絡下さい。