ホーム > 診療科のご案内 > 各センター一覧 > 救命救急センター

救命救急センター

診療体制

センター長
土肥 謙二
救命救急センターは基本的に24時間体制で、119番通報により現場に急行した救急隊員によって、重症度そして緊急性ともに高いと判断された場合に、東京消防庁指令センターからのホットラインによって傷病者の受け入れが要請されます。また医師会の先生方の病院や他病院で発生した重症患者や、平成23年度より新たに稼働を始めた総合診療部が初療した救急患者についても、直接治療の依頼があった場合に対応いたしております。それによって年間900~1000例程度の重症症例の診療にあたっています。システム上、患者やその御家族が直接診療を希望しても受診することはできません。

特色

 品川区唯一の救命救急センターとして、救急隊により3次救急と判断された救急患者と地域医療機関から紹介された重症患者を中心に高度な救急集中治療を提供しています。当センターは救命救急科、救急診療科、院内の各診療科から派遣された医師で構成されて診療にあたっています。地域で発生した全ての重症病態や緊急病態に対して各専門診療科と協力して対応しております。
 近年では、AEDの普及による心肺蘇生法の進歩に伴い心拍の再開する症例が増え、蘇生後脳症に対する脳低温療法や、心拍が再開しない症例でもPCPS(経費的心肺補助装置)を用いた蘇生、一酸化炭素中毒への高気圧酸素療法など、高度な治療を行いつつ超早期からの多職種による総合的なリハビリテーションと、多職種連携よる社会復帰に向けたチーム医療を展開しています。特に脳保護療法、脳温管理法については神経外傷や蘇生後脳症を中心に先進的な治療を行っています。2018年における救急車の搬送台数は年間1200台以上(2次救急を除く)で応需率は95%を超えています。
 また、当院は地域の災害拠点病院に指定されており大規模災害や多数傷病者の発生した事故に対し、訓練された医師、看護師、事務官から成るDMAT(Disaster Medical Assistance Team)を保有しています。DMATは事故や火災などの地域の小規模災害、広域災害に出動し現場で”瓦礫の下の医療”による救命医療にあたっています。
 地域医療機関で対応困難な重症患者に対しては救急医療センターと連携して積極的に対応しておりますのでご連絡ください。
救命救急センター

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8