放射線治療センター

センター紹介

放射線治療センターは高度な放射線治療を安全・安心に提供するために2019年10月に開設されました。関連各科と連携し、多職種チーム医療にて各種がんの治癒の向上と患者の希望に応えられる体にやさしい治療を目指しています。迅速かつ円滑に治療を開始できるように高精度放射線治療装置であるトモセラピーを導入し、最先端の強度変調放射線治療と定位放射線治療を目的に応じて実施しています。
放射線治療科 伊藤芳紀センター長
伊藤 芳紀

診療体制

放射線治療センターでは放射線治療医、医学物理士、診療放射線技師、看護師の多職種が協働して診療を行っています。高精度放射線治療を安全に提供するために医学物理士、診療放射線技師による品質管理を行っています。

診療方針

高精度放射線治療の導入や薬物療法との併用によって、放射線治療によるがんの治癒率が向上し、副作用も軽減しています。また、高齢社会に伴いがん患者が増えており、がん治療における放射線治療のニーズが高まっています。がんの治癒向上だけでなく、最小限の副作用で、喉頭や食道、肛門などの臓器の機能・形態を温存し発病前のQOLを維持したいという患者の希望にも応えられる治療を目指しています。

特徴的な診療領域

関連各科と相談のうえ放射線単独、化学療法との併用、手術との組み合わせを決めます。がんの治癒や症状緩和を目的として最新の高精度放射線治療(強度変調放射線治療、定位放射線治療、画像誘導放射線治療)を安全に提供しています。
すべて開く
強度変調放射線治療
  • 脳腫瘍
  • 頭頸部癌
  • 肺癌
  • 食道癌
  • 膵癌
  • 前立腺癌:泌尿器科と協力して、直腸の有害事象(副作用)を低減する目的で、前立腺と直腸の間に『直腸周囲ハイドロゲルスペーサ・SpaceOAR®』の留置を行っています。また、前立腺内に金マーカーを留置し、画像誘導により高精度な照射を施行しています。
  • 膀胱癌
  • 子宮頸癌、子宮体癌
  • 直腸癌
  • 肛門管癌
  • 直腸癌術後骨盤内再発

頭部定位放射線治療
  • 原発性脳腫瘍
  • 転移性脳腫瘍
  • 聴神経腫瘍
  • 下垂体腺腫
体幹部定位放射線治療
  • 原発性肺癌、転移性肺腫瘍
  • 原発性肝癌、転移性肝腫瘍
  • 膵癌
  • 前立腺癌
  • 転移性脊椎腫瘍:疼痛緩和の持続にて生活の質を維持します。
  • オリゴ転移(リンパ節転移含む):局所制御の向上によりがんの治癒を目指します。
  • 脊髄動静脈奇形

主な対象疾患

全身の悪性腫瘍

脳腫瘍(悪性神経膠腫、低悪性度神経膠腫、髄芽腫、上衣腫など)、頭頸部癌(上咽頭癌、中咽頭癌、下咽頭癌、喉頭癌、口腔癌、舌癌、鼻腔癌、副鼻腔癌、唾液腺癌、耳下腺腫瘍、甲状腺癌など)、食道癌、肺癌、胸膜中皮腫、縦隔腫瘍(胸腺腫、胸腺癌、胚細胞腫など)、乳癌、肝癌、膵癌、胆道癌、前立腺癌、膀胱癌、陰茎癌、子宮頸癌、子宮体癌、膣癌、外陰癌、大腸癌(直腸癌、結腸癌)、肛門管癌、皮膚癌、血液腫瘍(悪性リンパ腫、骨髄腫など)、骨軟部腫瘍、原発不明癌など、転移性脳腫瘍、転移性骨腫瘍、転移性肺腫瘍、転移性肝腫瘍など

良性疾患

皮膚のケロイド、甲状腺眼症、血管腫、脳・脊髄動静脈奇形、下垂体腺腫、聴神経腫瘍、髄膜種など

スタッフ紹介

氏名
役職
専門分野
学会認定資格
伊藤芳紀教授放射線治療放射線治療専門医
がん治療認定医
日本食道学会食道科認定医
日本医学放射線学会研修指導者
日本膵臓学会認定指導医
加賀美芳和特任教授放射線治療放射線治療専門医
がん治療認定医
日本食道学会食道科認定医
日本医学放射線学会研修指導者
日本乳癌学会乳腺認定医
吉村亮一客員教授放射線治療放射線治療専門医
日本医学放射線学会研修指導者
村上幸三准教授
放射線治療
脳神経
放射線治療専門医
がん治療認定医
日本医学放射線学会研修指導者
加藤正子講師
放射線治療放射線治療専門医
がん治療認定医
日本医学放射線学会研修指導者
新谷暁史助教放射線治療放射線治療専門医
がん治療認定医
日本医学放射線学会研修指導者
小林 玲助教放射線治療放射線治療専門医
がん治療認定医
日本医学放射線学会研修指導者
西村恵美助教
放射線治療
宮浦和徳
(昭和大学大学院保健医療学研究科)
講師医学物理 医学物理士
今井 敦
(藤が丘病院)
教授(員外)放射線治療放射線治療専門医
がん治療認定医
日本医学放射線学会研修指導者
小澤由季子
(藤が丘病院)
助教放射線治療放射線治療専門医
日本医学放射線学会研修指導者
新城秀典
(横浜市北部病院)
准教授
放射線治療放射線治療専門医
がん治療認定医
日本核医学会核医学専門医
日本核医学会PET核医学認定医
日本医学放射線学会研修指導者
原田 堅
(横浜市北部病院)
講師
放射線治療放射線治療専門医
がん治療認定医
日本医学放射線学会研修指導者
師田まどか
(江東豊洲病院)
准教授
放射線治療放射線治療専門医
がん治療認定医
第一種放射線取扱主任者
日本医学放射線学会研修指導者
豊福康介
(学外研修中)
助教放射線治療

医療従事者の方へ

診療実績

年度
2018 2019 2020 2021
放射線治療全般



1) 放射線治療部門の新規患者数(新患実人数) 613 656 614 673
2) 放射線治療患者実人数(新患+再患)(複数部位含まず(含む) 682 721 703 764
原発巣別新規患者数(新規実人数)



1) 脳・脊髄腫瘍 7 7 8 12
2) 頭頸部腫瘍 50 65 73 62
3) 食道癌 70 56 54 74
4) 肺癌・気管・縦隔腫瘍 82 83 82 109
 4)-a) うち肺癌 80 81 79 109
5) 乳癌 241 261 250 236
6) 肝・胆・膵癌 10 12 20 19
7) 胃・小腸・結腸・直腸癌 26 28 19 25
8) 婦人科腫瘍 37 41 22 26
9) 泌尿器科腫瘍 64 57 53 79
 9)-a) うち前立腺癌 46 45 44 65
10) 造血器リンパ系腫瘍 17 29 20 10
11) 皮膚・骨・軟部腫瘍 2 6 3 6
12) その他(悪性腫瘍) 5 7 5 5
13) 良性腫瘍 2 4 4 9
14) 小児例15歳以下 0 2 2 0
15) 小児例16歳以上20歳未満 0 0 1 0
脳転移および骨転移治療患者実人数(新患+再患)



1) 脳転移 28 46 65 60
2) 骨転移 76 85 73 92
外部照射



1) 外部照射を行った新規患者数(新患実人数) 589 634 609 643
2) 外部照射を行った患者実人数(新患+再患) 658 699 698 733
特殊な放射線治療(外部照射)



1) 全身照射を実施した実人数(新患+再患) 6 4 5 3
 a) 1)のうちLowDoseTBI(4Gy以下)の実人数(新患+再患) 3 0 3 1
2) 術中照射を実施した実人数(新患+再患) 0 0 0 0
 a) 2)のうち術中対外骨照射を実施した実人数(新患+再患) 0 0 0 0
3) 定位(脳)照射を実施した実人数(新患+再患) 10 13 40 39
4) 定位(体幹部)照射を実施した実人数(新患+再患) 18 12 18 33
 a) 4)のうち肺病変を照射した実人数(新患+再患) 18 12 13 22
 b) 4)のうちその他の病変の照射実人数(新患+再患) 0 0 5 11
5) IMRT照射を実施した実人数(新患+再患) 109 120 160 183
 a) 5)のうち頭頚部を照射した実人数(新患+再患) 45 57 73 65
 b) 5)のうち前立腺を照射した実人数(新患+再患) 43 36 37 34
 c) 5)のうち中枢神経を照射した実人数(新患+再患) 5 8 4 9
 d) 5)のうちその他の部位を照射した実人数(新患+再患) 16 19 46 75
6) 温熱療法併用照射を実施した実人数(新患+再患) 0 0 0 0
小線源照射



1) 線量率に関係なく腔内照射を開始した実人数(新患+再患) 27 26 0 0
2) 線量率に関係なく腔内照射を開始した延べ人数 96 105 0 0
3) 線量率に関係なく組織内照射を開始した実人数(新患+再患) 16 10 0 28
4) 線量率に関係なく組織内照射を開始した延べ人数 115 91 0 29
5) ラジウム223による翼状片治療を実施し実人数(新患+再患) 0 0 0 0
6) 線量率に関係なく上記照射以外を開始した実人数(新患+再患) 0 1 0 1
7) 前立腺ヨード治療を実施した実人数(新患+再患) 0 0 0 0
8) 甲状腺ヨード治療を実施した実人数(新患+再患) 0 0 0 0
  甲状腺機能亢進症での治療人数は除く 0 0 0 0
9) ラジウム223内用療法を実施した実人数(新患+再患) 0 0 0 1


医療連携・紹介制度について

御紹介いただけます先生方には、診療情報提供書のご記入をお願いいたします。治療適応について患者と相談の上決めていきたいと思います。放射線治療のみでしたらほとんどの方は外来通院で行うことができます。入院が必要な場合は関連各科にお願いすることになります。関連各科にご紹介いただいた場合でも必要に応じて治療させていただきます。