ポリファーマシー対策

複数の病態・疾患を有する患者が増え、複数の薬剤を併用している処方が増加しており、多剤服用患者では有害作用、アドヒアランス低下、相互作用などの問題が報告されています。そこで、当院では、2018年からポリファーマシー対策チームを立ち上げ、処方薬の見直しやアドヒアランス向上を図るために活動しております。      
ポリファーマシー対策

患者向け教室(おくすり減らすゾウ教室)のご案内

患者さんやご家族に、多剤服用の注意点と服用薬の定期的な見直しの必要性についての理解を深め、より安全におくすりを服用していただくために、患者向けの教室(おくすり減らすゾウ教室)を開催します。オンライン開催となります。
おくすり減らすゾウ教室の参加申し込みは下記のURLから参加登録をお願いいたします。(参加申込は、開催日前週水曜日12時まで)
登録されたメールアドレスに本教室の招待メールをお送りいたします。

参加申し込みURL
https://forms.gle/TAZNZtCTYSPFNc8j61617865031418※本教室は無料でご参加頂けますが、視聴にかかる通信費はご自身でご負担ください。
※Web配信となります。安定した通信環境が準備できる場所でご参加ください。
※当日の参加URLはメールで連絡いたします。
※登録のメールアドレスに不備がある場合は参加案内を配信できませんので登録時にメールアドレスに間違いがないか確認の上登録してください。不備がある場合は配信できませんのでご了承ください。
※参加希望者がWeb開催の上限に近づきましたら締切前に受付を終了いたしますことをご了承ください。

開催概要

開催日時毎月 第3月曜日16:00~16:30(祝日は除く)
開催場所オンライン(参加登録の方にメールで招待します)  
開催内容講義
参加費無料(視聴にかかる通信費はご負担ください)
教室開催に関するお問い合わせ先03-6426-3670(昭和大学病院薬剤部 嶋村)
03-6426-3933(東病院薬局 葛城)

開催予定

開催日時 参加申込締切
2021年12月20日(月)
16:00~16:30
12月15日(水)
12:00
2022年2月21日(月)
16:00~16:30
2月16日(水)
12:00
2022年4月18日(月)
16:00~16:30
4月13日(水)
12:00
2022年5月16日(月)
16:00~16:30
5月11日(水)
12:00
2022年6月20日(月)
16:00~16:30
6月15日(水)
12:00
おくすり減らすゾウ教室ポスター
ポスターダウンロードはこちら

個別おくすり相談のご案内

個別おくすり相談の機会を設けております。
昭和大学病院または昭和大学病院附属東病院に通院中の患者さんやご家族はお気軽にご連絡ください。
個別相談の予約希望の方は下記連絡先までメールまたは電話連絡ください。
昭和大学病院薬剤部 嶋村 simamura@cmed.showa-u.ac.jp 03-6426-3670
昭和大学病院附属東病院薬局 葛城 s.katsurag@cmed.showa-u.ac.jp 03-6426-3933

保険薬局の薬剤師の方へ

保険薬局からのポリファーマシー検討依頼も受け付けることとなりました。基準を満たし、依頼される場合は、運用(下記)を参照し、依頼書(下記)をFAX送信してください。
【注意】本依頼は疑義照会ではございません。疑義照会は別途、疑義照会していただきますようお願いいたします。

2018年10月18日 基準を変更いたしました。運用は下記参照してください。

お問い合わせ先:大学病院薬剤部 担当:嶋村 弘史(TEL 03-3784-8467)
東病院薬局 担当:葛城 怜子(TEL 03-3784-8308)


ポリファーマシー改善提案書運用(院内)

当院では、院外処方において、催眠鎮静薬、抗不安薬、解熱鎮痛消炎薬、消化性潰瘍薬、緩下薬の同一薬効群内で重複処方している患者や抗コリン作用薬のリスク回避のため、抗コリン作用薬禁忌疾患(前立腺肥大、認知症、重症筋無力症)に使用されていると推察される患者を抽出し、処方医師に処方見直しの提案書を配布する運用を開始しております。処方医師は提案書を参照し、減薬の可否を判断し、減薬可能な場合、次回外来時に減薬しております。

抗コリン薬一覧202107.pdf

【提案書運用実績(2019年10月~2021年3月処方)】
提案書配布 486件
減薬件数 57件(
減薬率 12.2%(減薬患者数/提案書配布患者数))
減薬剤数 89剤
【保険薬局との連携運用実績(2019年4月~2021年3月)】
依頼 60件
減薬 52件(減薬率86.7%)
減薬剤数 96剤