ホーム > 病院のご案内 > 部門のご紹介 > 臨床試験支援室 > 新しいくすりが誕生するまで

新しいくすりが誕生するまで


基礎研究

研究者たちが、植物や、化学物質、微生物などの中からくすりになりそうな物質を探します。この中からくすりとなる物質を見つけます。

非臨床試験

まず動物(ネズミ、ウサギ、イヌなど)で安全かどうか、効き目はあるのかどうかを調べます。

臨床試験(治験)

第1段階(第Ⅰ相)

少人数の健康な成人を対象に、安全かどうか調べます。また、くすりがどのくらいの時間で体の中に吸収されるか、そして排泄されるか調べます。

第2段階(第Ⅱ相)

少人数の患者さんを対象に、どれだけくすりの効果があるか(有効性)とどんな種類の副作用がどのくらい現れるか(安全性)、くすりの使い方(量・使う期間・使う間隔など)を調べます。

第3段階(第Ⅲ相)

安全性の確認が進み、多人数の患者さんを対象に、有効性、安全性、くすりの使い方の最終的な確認を行います。

承認審査

これまで行ってきた基礎研究から治験のデータ(皆さんが参加されたときの貴重なデータ)などをもとに厚生労働省(国)がくすりとして認めるかどうかが審査されます。

新薬誕生

審査をパスして初めて市場(薬局、病院)に出るのです。

第4段階(第Ⅳ相)製造後販売調査

厚生労働省(国)がくすりとして認めた後にも、もう一度安全性や効き目をチェックします。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学歯科病院 All Rights Reserved.
〒145-8515 東京都大田区北千束2-1-1
TEL 03-3787-1151(代表)