脳神経内科

診療科紹介

脳神経内科は脳神経や脊髄・末梢神経・筋肉の疾患を専門とする内科です。精神科(神経科・心療内科)とは異なり身体医学的な病気が主体になります。当科では脳神経内科領域の急性期・慢性期疾患の診療を行っていますが、地域医療機関との連携を踏まえ、急性期が主な診療になっています。入院での精査・加療が必要な患者は昭和大学病院附属東病院に入院していただきます。頭痛、めまい、物忘れ、麻痺、しびれ、痙攣といった症状でお困りの方は脳神経内科外来を受診してください。

診療体制

東病院では、午前は月曜日から土曜日に2~3診体制で初診・再診患者の診療を、午後は月曜日から金曜日に1~3診体制で再診患者の診療を行っています。
本院では、第一、三、五火曜日午前に稗田准教授外来、火曜日午前に河村名誉教授外来を行っています。
救急患者の対応は、日勤時間帯は救急当番医、夜間・休日は当直医が行います。

治療方針

脳神経内科の疾患は原因のわからない難病が多く含まれています。適切な診断と説明を行い、本人とご家族の御理解のもと、治療にあたらせて頂きます。また後遺症によりリハビリや介護が必要になった患者には、今後の生活をサポートできるよう、メディカルスタッフとともに、最適な方針を考えていきたいと思います。

特徴的な診療領域

脳血管障害の、急性期および慢性期治療と予防。画像検査を活用した、認知症や各種変性疾患の診断と治療。高次脳機能検査機器を用いた、高次脳機能障害や認知症の評価。誘発電位・筋電図検査装置を活用した、末梢神経や筋疾患の診断と治療。眼瞼けいれん、片側顔面けいれんに対してのボトックス注による治療。また、特殊外来として「物忘れ外来」と「頭痛外来」を行っています。

主な対象疾患

脳血管障害(主に脳梗塞)、認知症、変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など)、末梢神経障害、神経系感染症、筋疾患、てんかん、意識障害、頭痛、めまい、しびれを呈する各種疾患。急性期治療後も障害が残りリハビリテーションを希望される方は、回復期リハビリテーション病院への転院をお願いさせていただきたく存じます。転院にあたっては主治医からソーシャルワーカーを通し調整させていただきます。

専門外来

脳神経内科
  • ボトックス外来(完全予約制)
  • 神経電気生理外来(完全予約制)

スタッフ紹介

医師名役職専門分野資格
河村 満名誉教授高次脳機能障害学
脳神経内科一般
日本神経学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医
日本内科学会認定内科医
稗田 宗太郎准教授認知症
脳神経内科一般
日本神経学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
矢野 怜准教授
診療科長補佐
脳神経内科一般、認知症日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定総合内科専門医
黒田 岳志講師
病棟医長
認知症
神経生理学
脳神経内科一般
日本神経学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
笠井 英世講師
外来医長
医局長
頭痛
脳神経内科一般
日本神経学会専門医・指導医
日本頭痛学会専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
水間 啓太講師脳血管障害
脳神経内科一般
日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本脳神経超音波学会認定脳神経超音波検査士
兼元 みずき助教てんかん
脳神経内科一般
日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
渡辺 大士助教脳神経内科一般日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
渡辺 慶子助教脳神経内科一般、頭痛日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
飯塚 奈都子
助教脳神経内科一般
日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
森 友紀子助教
認知症
脳神経内科一般
日本神経学会専門医
日本認知症学会専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
栄 良樹
助教脳神経内科一般
日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
野原 哲人大学院生
脳神経内科一般日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
門馬 佑太郎大学院生脳神経内科一般日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
大橋 英朗大学院生脳神経内科一般日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
井藤 尚仁大学院生脳神経内科一般日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
浅野 未希助教脳神経内科一般日本内科学会認定内科医
木村 篤史助教
脳神経内科一般日本内科学会認定内科医
三木 綾子助教脳神経内科一般日本内科学会認定内科医
山本 謙大学院生脳神経内科一般日本内科学会認定内科医
小菅 将太大学院生脳神経内科一般
片岡 和之内科専攻医脳神経内科一般
小澤 準之輔内科専攻医脳神経内科一般
洲之内 あずさ内科専攻医脳神経内科一般
石代 優美香内科専攻医脳神経内科一般

外来担当医表

脳神経内科

医療従事者の方へ

研究内容

小野賢二郎:厚生労働省・難治性疾患等政策研究事業「アミロイドーシスに関する調
査研究」・研究分担者(研究代表者・内木宏延)

小野賢二郎:文部科学省/日本学術振興会・平成31 年度科学研究費補助 基盤研究
(C)「膜障害に焦点を当てた高分子Aβ オリゴマーの毒性機序に関する検討」・研究
代表者

小野賢二郎:日本医療研究開発機構・令和元年度 脳科学研究戦略推進プログラム
(融合脳)「レビー小体型認知症(DLB)の病原性蛋白質α シヌクレインの新規診断
・治療効果判定法の開発」・研究分担者(研究代表者・望月秀樹)

小野賢二郎:日本医療研究開発機構・平成30 年度 医療研究開発革新基盤創成
事業(CiCLE)一般型 実用化開発タイプ「アルツハイマー病の新規治療薬の創出」
・研究分担者(研究代表機関・日本臓器製薬株式会社)

小野賢二郎:文部科学省/日本学術振興会・平成31 年度科学研究費補助 基盤研究
(C)「アミロイドβ毒性阻害を標的としたアルツハイマー病発症予防健康食品成
分の探索」・研究分担者(研究代表者・辻 まゆみ)

小野賢二郎:文部科学省/日本学術振興会・平成31 年度科学研究費補助 基盤研究
(C)「音楽運動療法を活用した地域医療福祉連携の認知症予防支援プログラムの開
発と評価」・研究分担者(研究代表者・小口江美子)

木村篤史:文部科学省/日本学術振興会・令和2 年度科学研究費補助 若手研究「ビ
タミンB12 のアルツハイマー病の予防・進行抑制機序の解明 基礎から臨床まで」・
研究代表者

二村明徳:文部科学省/日本学術振興会・令和2 年度科学研究費補助 若手研究「忘
れた時をつなぐ“ことば”の研究」・研究代表者

診療実績

すべて開く
外来

外来患者数(2020年)

  • 初診 1,500人
  • 再診 11,656人
昭和大学病院(脳神経内科)
R2.1R2.2R2.3R2.4R2.5R2.6R2.7R2.8R2.9R2.10R2.11R2.12合計
初診2319
1921
1117
191531222415236人
再診52
495127
3751
423941354047511人
合計75
6870484868615472576462747人
昭和大学附属東病院(脳神経内科)
R2.1R2.2R2.3R2.4R2.5R2.6R2.7R2.8R2.9R2.10R2.11R2.12合計
初診109113917261127105951211401201101,264人
再診1,1691,0321,20481961890689182792393685596511,145人
合計1,2781,145
1,2958916791,0339969221,0441,0769751,07512,409人
入院

入院疾患別実績(2020年)

病棟(入院患者)
血管障害・外傷
疾患内訳症例数
脳梗塞204
一過性脳虚血発作10
動脈解離による脳梗塞3
脳静脈洞血栓症3
脊髄梗塞3
脳出血2
トルソー症候群2
内頚動脈狭窄症2
妊娠合併脳梗塞1
一過性全健忘1
頭部外傷1
認知症
疾患内訳症例数
アルツハイマー病12
レビー小体型認知症7
正常圧水頭症7
前頭側頭葉変性症2
その他の認知症1
神経変性疾患
疾患内訳症例数
パーキンソン病54
パーキンソン症候群15
多系統萎縮症6
進行性核上性麻痺3
脊髄小脳変性症2
大脳皮質基底核変性症1
神経感染症
疾患内訳症例数
ウィルス性髄膜炎・脳炎24
クロイツフェルトヤコブ病3
脳膿瘍2
細菌性髄膜炎
1
クリプトコッカス性髄膜炎
1
神経梅毒
1
脱髄・炎症・肉芽腫性疾患
疾患内訳症例数
多発性硬化症16
自己免疫性脳炎7
視神経脊髄炎3
トロサ・ハント症候群2
急性小脳炎2
その他の脳症・脳炎6
その他の脊髄炎1
末梢神経疾患
疾患内訳症例数
ギラン・バレー症候群8
慢性炎症性脱髄性多発神経根炎5
多巣性運動ニューロパチー5
末梢神経障害3
ベル麻痺2
滑車神経麻痺1
動眼神経麻痺1
視神経炎1
眼窩先端部症候群1
筋・神経筋接合部疾患
疾患内訳症例数
重症筋無力症5
多発性筋炎2
横紋筋融解症2
筋強直性ジストロフィー1
その他のミオパチー2
運動ニューロン疾患
疾患内訳症例数
筋萎縮性側索硬化症7
その他の運動ニューロン疾患2
発作性・機能性疾患
疾患内訳症例数
てんかん89
片頭痛1
群発頭痛1
良性頭蓋内圧亢進症1
腫瘍性疾患
疾患内訳症例数
脳腫瘍2
脊椎疾患
疾患内訳症例数
頸椎症・頸髄症5
胸椎症・胸部脊柱管狭窄症
1
腰椎症・腰部脊柱管狭窄症1
内科関連疾患・耳鼻科関連疾患
疾患内訳症例数
市中肺炎・誤嚥性肺炎15
尿路感染症7
末梢性めまい5
ウェルニッケ脳症3
敗血症2
電解質異常2
悪性症候群2
失神2
脱水症1
肺静脈血栓塞栓症1
高血糖高浸透圧症候群1
COVID-19感染症
1
その他の疾患
疾患内訳症例数
精神性疾患4
関節リウマチ1
ミオクローヌス1
不随意運動1
レット症候群1
廃用症候群1
熱中症後脳症1
急性アルコール中毒1
過鎮静1
その他
8
合計(例)622

医療連携・紹介制度について

ご紹介頂けます先生方には、診療情報提供書のご記入をお願いいたします。また時間外診療や、早急に治療が必要な患者、特に超急性期脳梗塞に対する血栓溶解療法(t-PA)の適応(発症4.5時間以内)と思われる患者のご紹介は、円滑な診療のため事前にお電話をお願い致します。急性期治療を終え慢性期の段階になりましたら、先生方のもとで引き続きご加療頂けますよう、連携を深めて参りたいと考えております。