脳神経内科

診療科紹介

脳神経内科は脳神経や脊髄・末梢神経・筋肉の疾患を専門とする内科です。精神科(神経科・心療内科)とは異なり身体医学的な病気が主体になります。当科では脳神経内科領域の急性期・慢性期疾患の診療を行っていますが、地域医療機関との連携を踏まえ、急性期が主な診療になっています。入院での精査・加療が必要な患者は昭和大学病院附属東病院に入院していただきます。頭痛、めまい、物忘れ、麻痺、しびれ、痙攣といった症状でお困りの方は脳神経内科外来を受診してください。
脳神経内科 小野賢二郎診療科長
小野 賢二郎

診療体制

東病院では、午前は月曜日から土曜日に2~3診体制で初診・再診患者の診療を、午後は月曜日から金曜日に1~3診体制で再診患者の診療を行っています。
本院では、火曜日午前に小野教授外来、火曜日午前に河村名誉教授外来を行っています。
救急患者の対応は、日勤時間帯は救急当番医、夜間・休日は当直医が行います。

治療方針

脳神経内科の疾患は原因のわからない難病が多く含まれています。適切な診断と説明を行い、本人とご家族の御理解のもと、治療にあたらせて頂きます。また後遺症によりリハビリや介護が必要になった患者には、今後の生活をサポートできるよう、メディカルスタッフとともに、最適な方針を考えていきたいと思います。

特徴的な診療領域

脳血管障害の、急性期および慢性期治療と予防。画像検査を活用した、認知症や各種変性疾患の診断と治療。高次脳機能検査機器を用いた、高次脳機能障害や認知症の評価。誘発電位・筋電図検査装置を活用した、末梢神経や筋疾患の診断と治療。眼瞼けいれん、片側顔面けいれんに対してのボトックス注による治療。また、特殊外来として「物忘れ外来」と「頭痛外来」を行っています。

主な対象疾患

脳血管障害(主に脳梗塞)、認知症、変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など)、末梢神経障害、神経系感染症、筋疾患、てんかん、意識障害、頭痛、めまい、しびれを呈する各種疾患。急性期治療後も障害が残りリハビリテーションを希望される方は、回復期リハビリテーション病院への転院をお願いさせていただきたく存じます。転院にあたっては主治医からソーシャルワーカーを通し調整させていただきます。

専門外来

脳神経内科
  • ボトックス外来(完全予約制)
  • 神経電気生理外来(完全予約制)

スタッフ紹介

医師名役職専門分野資格
小野 賢二郎主任教授
診療科長
認知症
Parkinson病
脳神経内科一般
日本神経学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
河村 満名誉教授高次脳機能障害学
脳神経内科一般
日本神経学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医
日本内科学会認定内科医
稗田 宗太郎准教授認知症
脳神経内科一般
日本神経学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
矢野 怜准教授
診療科長補佐
脳神経内科一般日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定総合内科専門医
黒田 岳志講師
病棟医長
認知症
神経生理学
脳神経内科一般
日本神経学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
笠井 英世講師
外来医長
医局長
頭痛
脳神経内科一般
日本神経学会専門医・指導医
日本頭痛学会専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
杉本 あずさ講師脳神経内科一般日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
二村 明徳講師認知症
高次脳機能障害学
脳神経内科一般
日本神経学会専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
兼元 みずき助教てんかん
脳神経内科一般
日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
水間 啓太助教脳血管障害
脳神経内科一般
日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本脳神経超音波学会認定脳神経超音波検査士
渡辺 大士助教脳神経内科一般日本内科学会認定内科医
渡辺 慶子助教脳神経内科一般日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
森 友紀子大学院生認知症
脳神経内科一般
日本神経学会専門医
日本認知症学会専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
久保田 怜美助教脳神経内科一般日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
野原 哲人助教脳神経内科一般日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
門馬 佑太郎大学院生脳神経内科一般日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
大橋 英朗大学院生脳神経内科一般日本内科学会認定内科医
井藤 尚仁助教脳神経内科一般日本内科学会認定内科医
安本 太郎助教脳神経内科一般日本内科学会認定内科医
小室 浩康助教脳血管障害
脳神経内科一般
日本内科学会認定内科医
木村 篤史大学院生脳神経内科一般日本内科学会認定内科医
三木 綾子大学院生脳神経内科一般日本内科学会認定内科医
高橋 聖也大学院生脳神経内科一般日本内科学会認定内科医
石田 敦士内科専攻医脳神経内科一般
澤井 綾子内科専攻医脳神経内科一般
正路 大樹内科専攻医脳神経内科一般
鍋島 陽子内科専攻医脳神経内科一般
石代 優美香内科専攻医脳神経内科一般
菊地 優一内科専攻医脳神経内科一般
島田 豪内科専攻医脳神経内科一般
中西 達彌内科専攻医脳神経内科一般
松岡 馨内科専攻医脳神経内科一般

外来担当医表

脳神経内科

医療従事者の方へ

研究内容

小野賢二郎:平成29-30年度国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)認知症研究開発事業『食品関連の危険因子・防止因子が採用する認知症の分子標的の解明と予防・治療法の開発(DPRED)』班・研究開発分担者(研究開発代表者・山田正仁)

小野賢二郎:厚生労働省・平成30年度厚生労働科学研究費『アミロイドーシスに関する調査研究』班・研究開発分担者(研究開発代表者・内木宏延)

小野賢二郎:文部科学省/日本学術振興会・平成31年度科学研究費補助 基盤研究(C)「膜障害に焦点を当てた高分子Aβオリゴマーの毒性機序に関する検討」・研究代表者 

小野賢二郎:日本医療研究開発機構 脳科学研究戦略推進プログラム「レビー小体型認知症(DLB)の病原性蛋白質αシヌクレインの新規診断・治療効果判定法の開発」・研究分担者(研究代表者・望月秀樹)

小野賢二郎:日本医療研究開発機構 医療研究開発確信基盤創成事業 実用化開発タイプ「アルツハイマー病の新規治療薬の創出」・研究分担者(研究代表機関・日本臓器製薬株式会社)

小野賢二郎: 文部科学省/日本学術振興会・平成31年度科学研究費補助 基盤研究(C)「アミロイドβ毒性阻害を標的としたアルツハイマー病発症予防健康食品成分の探索」・研究分担者(研究代表者・辻 まゆみ)

診療実績

すべて開く
外来

外来患者数

  • 初診 1,995人
  • 再診 14,983人
昭和大学病院(脳神経内科)
H31.1H31.2H31.3H31.4R1.5R1.6R1.7R1.8R1.9R1.10R1.11R1.12合計
初診202225273130191922132321272人
再診645846575943614353564756643人
合計848071849073806275697077915人
昭和大学附属東病院(脳神経内科)
H31.1H31.2H31.3H31.4R1.5R1.6R1.7R1.8R1.9R1.10R1.11R1.12合計
初診1431441631701311671531281421311291221,723人
再診1,1911,1051,1731,2261,1331,2611,3591,2501,1671,2051,0771,19314,340人
合計1,3341,2491,3361,3961,2641,4281,5121,3781,3091,3361,2061,31516,063人
入院

入院疾患別実績

病棟(入院患者)
血管障害・外傷
疾患内訳症例数
脳梗塞221
一過性脳虚血発作17
脳出血12
一過性全健忘5
動脈解離による脳梗塞3
外傷性くも膜下出血3
脳脊髄液漏出症3
脳挫傷3
トルソー症候群2
海綿状血管腫2
急性硬膜下血腫1
脳アミロイド血管症1
脊髄梗塞1
頭部外傷1
認知症
疾患内訳症例数
レビー小体型認知症13
アルツハイマー病12
正常圧水頭症7
前頭側頭葉変性症1
血管性認知症1
嗜銀顆粒性認知症1
その他の認知症2
神経変性疾患
疾患内訳症例数
パーキンソン病76
パーキンソン症候群21
多系統萎縮症15
脊髄小脳変性症5
進行性核上性麻痺3
白質ジストロフィー2
大脳皮質基底核変性症1
神経感染症
疾患内訳症例数
ウィルス性髄膜炎・脳炎41
細菌性髄膜炎3
クロイツフェルトヤコブ病1
脱髄・炎症・肉芽腫性疾患
疾患内訳症例数
多発性硬化症11
自己免疫性脳炎6
視神経脊髄炎4
トロサ・ハント症候群2
急性散在性脳脊髄炎1
神経ベーチェット病1
その他の脊髄炎5
末梢神経疾患
疾患内訳症例数
慢性炎症性脱髄性多発神経根炎15
ギラン・バレー症候群9
フィッシャー症候群5
多発性脳神経障害3
末梢神経障害1
絞扼性末梢神経障害1
動眼神経麻痺1
家族性アミロイドポリニューロパチー1
視神経炎1
筋・神経筋接合部疾患
疾患内訳症例数
重症筋無力症12
ジストニア3
多発性筋炎3
筋強直性ジストロフィー2
横紋筋融解症2
皮膚筋炎1
封入体筋炎1
その他のミオパチー9
運動ニューロン疾患
疾患内訳症例数
筋萎縮性側索硬化症13
球脊髄性筋萎縮症1
その他の運動ニューロン疾患4
発作性・機能性疾患
疾患内訳症例数
てんかん101
神経障害性疼痛3
片頭痛3
群発頭痛1
三叉神経痛1
薬物乱用性頭痛1
腫瘍性疾患
疾患内訳症例数
脳腫瘍4
脊椎疾患
疾患内訳症例数
頸椎症・頸髄症4
腰椎症・腰部脊柱管狭窄症2
内科関連疾患・耳鼻科関連疾患
疾患内訳症例数
市中肺炎・誤嚥性肺炎22
末梢性めまい12
尿路感染症6
敗血症4
ウェルニッケ脳症4
電解質異常2
腎不全1
失神1
ペラグラ脳症1
脱水症1
悪性症候群1
その他の疾患
疾患内訳症例数
ミオクローヌス4
不随意運動3
精神性疾患3
レット症候群2
廃用症候群1
一酸化炭素中毒1
薬物中毒1
アルコール離脱性せん妄1
その他10
合計(例)799

医療連携・紹介制度について

ご紹介頂けます先生方には、診療情報提供書のご記入をお願いいたします。また時間外診療や、早急に治療が必要な患者、特に超急性期脳梗塞に対する血栓溶解療法(t-PA)の適応(発症4.5時間以内)と思われる患者のご紹介は、円滑な診療のため事前にお電話をお願い致します。急性期治療を終え慢性期の段階になりましたら、先生方のもとで引き続きご加療頂けますよう、連携を深めて参りたいと考えております。