内科系診療センター 内科(リウマチ・膠原病)

診療科紹介

リウマチ・井上先生専門分野診療責任者
井上 嘉彦
藤が丘病院内科再編に伴い、2020年度より新たに内科の一分野として設置されました。リウマチ・膠原病内科は関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどのリウマチ・膠原病疾患全般を専門としております。リウマチ・膠原病は、近年の生物学的製剤をはじめとする分子標的薬と呼ばれる新たな治療薬の登場に伴い、治療は飛躍的に進歩してきており、従来からの薬剤とともに上手に使用することで、寛解や低疾患活動性と呼ばれる病勢の落ち着いた状態や、治療が難しかった症状の改善や安定化ができるようになってきました。
リウマチ・膠原病疾患におきまししても、例えば、関節リウマチの関節破壊は、発症後早期に進行することなど、早期発見、早期治療が大切であり、随時、紹介、初診患者さんをお受けし、診療しております。また、近隣医療機関からの入院依頼についても積極的に受け入れております。
科学的根拠(エビデンス)に基づいて、個々の患者さんの症状、合併症、社会的背景に応じて治療方針を決定し、真心をもって、日々診療にあたっております。

治療方針

リウマチ・膠原病疾患におきまししても、例えば、関節リウマチの関節破壊は、発症後早期に進行することなど、早期発見、早期治療が大切であり、当科は、随時、紹介、初診患者さんをお受けし、診療しております。また、近隣医療機関からの入院依頼についても積極的に受け入れております。
入院診療体制は3人~4人の医師でグループを構成して診療し、毎週木曜日に入院患者全員についてカンファレンス・回診を行っております。また、昭和大学横浜市北部病院リウマチ・膠原病内科との合同カンファレンスも毎週金曜日に行っております。
科学的根拠(エビデンス)に基づいて、個々の患者さんの症状、合併症、社会的背景に応じて治療方針を決定し、真心をもって日々診療にあたっております。

特徴的な診療領域

関節リウマチについては、MTX(メトトレキサート)を中心とした従来からの抗リウマチ薬とともに、インフリキシマブ、エタネルセプト、トシリズマブ、アダリムマブ、アバタセプト、ゴリムマブ、セルトリズマブペゴルなどの生物学的製剤、トファシチニブなどのJAK阻害薬を使用し、多くの患者さんが寛解状態になっております。また、関節リウマチ以外の膠原病(自己免疫性疾患)については標準的ステロイド治療に加えて、免疫抑制剤(シクロフォスファミド、シクロスポリン、アザチオプリン、タクロリムス、ミコフェノレートモフェチル、リツキシマブなど)の併用や必要に応じて血漿交換療法や大量ガンマグロブリン療法を併用するなどの治療を行なっております。

主な対象疾患

  • 関節リウマチ
  • 全身性エリテマトーデス
  • 全身性強皮症
  • 多発性筋炎/皮膚筋炎
  • シェーグレン症候群
  • ベーチェット病
  • 混合性結合組織病
  • 血管炎症候群(高安動脈炎、巨細胞性動脈炎、結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、IgA血管炎)
  • 抗リン脂質抗体症候群
  • 成人発症スティル病
  • リウマチ性多発筋痛症
  • 血清反応陰性脊椎関節炎(強直性脊椎炎、反応性関節炎、乾癬性関節炎など)
  • RS3PE症候群
  • IgG4関連疾患
  • 再発性多発軟骨炎
  • SAPHO症候群など。

専門外来

内科系診療センター 内科(リウマチ・膠原病)

スタッフ紹介

医師名役職専門分野資格
井上 嘉彦
(いのうえ よしひこ)
准教授
リウマチ・膠原病疾患全般
全身性エリテマトーデス
血管炎
腎疾患全般・食事療法
高血圧症
血液浄化療法
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本プライマリケア連合学会認定医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本病態栄養学会病態栄養専門医・指導医・NSTコーディネーター
日本透析医学会専門医・指導医
日本医師会認定産業医
難病指定医
大宮 信哉
 (おおみや しんや)
講師リウマチ・膠原病疾患全般
血管炎
全身性エリテマトーデス
腎疾患全般
血液浄化療法
日本内科学会認定医・総合内科専門医
難病指定医
日本医師会認定産業医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医

外来担当医表

内科系診療センター 内科(リウマチ・膠原病)

医療従事者の⽅へ

研究内容

  • 高齢発症関節リウマチに対する生物学的製剤治療解析
  • 非結核性抗酸菌症合併関節リウマチに対する治療解析
  • ANCA関連血管炎に伴う腎炎(尿細管間質性腎炎など)
  • IgA血管炎に対する扁桃腺摘出+ステロイドパルス療法
  • 膠原病・腎疾患と栄養
  • SLEレジストリー

医療連携・紹介制度について

関節リウマチ、膠原病、膠原病類縁疾患など疑いのある患者さんがおられましたら、ご紹介いただけましたら幸いです。また、原因がはっきりとわからないのだけれども症状が続いてお困りの場合でもご紹介下さい。当科にて精査致します。
確定診断から治療方針の決定、症状の安定化などの後に積極的に病診連携(とくに逆紹介)を行いたいと考えております。