生理検査室

体の状態は外から見てもなかなか分からないものです。病院で診察を受けても、病気の診断に臨床検査は欠かせません。臨床検査と言う言葉になじみがないかもしれませんが、血液・尿の検査や心電図や超音波検査などは多くの方が体験されている事と思います。これらはみな臨床検査と呼ばれ、国家資格を有する臨床検査技師が担当しています。
臨床検査は血液・尿などの検体検査と心電図・超音波などの生体検査のふたつに大きく分けられます。
生理検査室では心電図・超音波・呼吸機能のなどの生体検査を行っています。
また当院では心臓リハビリテーションにおけるチーム医療の一員として、運動療法の際に安全な運動が行えるよう医師・理学療法士とともに連携して取り組んでいます。
生理検査室1
生理検査室2

生理検査室担当者

氏名資格
北井 仁美
 (責任者)
超音波検査士(循環器・消化器)
認定心電技師
二級臨床検査士(循環器)
心臓リハビリテーション指導士
阿南 晃子感染制御専門微生物検査技師(ICMT)
医療情報技師
認定微生物検査技師
認定心電技師
高萩 恵子超音波検査士(消化器・泌尿器)
緊急臨床検査士
認定心電技師
二川 智美認定心電技師
※2名にて各種の生体検査を行っています。

循環器検査

心電図検査

心電図検査
安静時心電図検査や、階段またはエルゴメーター(自転車)を使って心臓に負荷をかけて前後の心電図変化をみる運動負荷心電図を行っています。
また日常生活中の心電図を記録するホルター心電図(携帯型長時間心電図)などもあります。

四肢血圧検査(ABI)

四肢血圧検査(ABI)
手足の血圧を同時に測定し、ABI(Ankle Brachial index:足関節/上腕血圧比)を算出して、血管の動脈硬化性変化をみる検査です。
糖尿病・高血圧・高脂血症などの危険因子によって発症する下肢閉塞性動脈硬化症を早期に発見します。

24時間血圧検査

一日の血圧を測定し、夜間高血圧の診断や降圧薬の効果判定を行っています。

心肺運動負荷試験(CPX)

心肺運動負荷試験(CPX)
運動中の心臓の機能と肺の機能を両方同時に測定する検査です。
心臓の機能の評価は主に心電図により狭心症、心筋梗塞、その他の心疾患の有無や程度を判定します。また運動中の血圧測定により高血圧の有無を判定します。
肺の機能の評価は呼気ガス分析装置により酸素をどのくらい吸っているか、そのとき二酸化炭素をどのくらい吐いているかなどを測定します。
この検査のもう一つの特徴は、心臓に病気を持っている方に必要な運動療法や、心臓に負担をかけずに安心して運動を楽しめる運動の強さがわかることです。
心臓リハビリテーションの導入時と5ヵ月後に検査を行い、リハビリの効果判定を行っています。

超音波検査(エコー検査)

人には聞こえない高い音(超音波)を使って検査します。放射線を使用しない為、被爆はなく人体には無害です。

心臓超音波検査

経胸壁心エコー検査
心臓の動きや大きさ、心臓の筋肉や弁の状態、血液の流れなどを観察し、心臓の形態および機能評価を行います。心臓がポンプ機能として正常に働いているかどうかを判定します。

負荷心エコー検査
負荷心エコー検査は、運動や薬物などの負荷をかけることにより、安静時には認められなかった心臓の異常について超音波を用いて調べる検査です。当検査室では、仰向きで自転車(エルゴメーター)を漕いでいただく運動負荷心エコー検査を行っています。

腹部超音波検査

肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓などをみています。飲食の影響を受ける為、検査は食事(飲み物含む)をせず行います。

血管超音波検査

頚動脈超音波:動脈硬化の指標のひとつとして、頚動脈の様子や血液の流れを調べます。

下肢静脈超音波:下肢静脈は下腿筋の筋ポンプ作用とともに血液を心臓へ戻します。しかし手術、脳血管障害や心不全などに伴う長期臥床により下腿筋を動かすことが少ない場合には、血液がうっ滞し血栓ができることがあります。この検査では下肢静脈に血栓ができていないかどうかを確認します。

大腿筋超音波検査

心臓リハビリテーションの効果判定のひとつとして、リハビリ前後の大腿筋の厚さを計測しています。

呼吸機能検査

肺活量(VC)、努力性肺活量(FVC)

鼻をクリップで止めた状態で口にマウスピースをしっかりとくわえ、息を吸ったり吐いたりすることで肺活量を測定します。
肺気腫や喘息などの肺疾患の診断や全身麻酔手術の術前検査として必要な検査です。正確な検査を行うためにはご本人の最大限の努力が必要ですのでご協力をお願いします。

簡易型睡眠時無呼吸検査

睡眠時の呼吸状態を確認します。
鼻と指にセンサを取り付け、呼吸の状態と血液中の酸素濃度を測ることにより睡眠時無呼吸症候群の診断を行います。

終夜睡眠ポリソムノグラフィー(1泊入院)

睡眠時の呼吸および睡眠状態を測定します。
睡眠中の脳波測定を行いながら睡眠の深さと質、睡眠中断を引き起こす症状などの有無を測定します。

脳波検査

脳の微小な活動電位を体表電極で記録します。
頭に電極を装着して覚醒時や睡眠時の脳波を記録します。様々な刺激(目の開閉・深呼吸・光・音)に対する脳波の反応も調べます。

筋電図:神経伝導速度検査

末梢神経に電気刺激をして誘発される筋反応から末梢神経の反応を調べる検査です。

検体検査

検体検査はBMLのスタッフが1名体制で検査を行っています。

生化学検査

TPCaChEUIBC
AlbiPAMYFe
GluT-BILCKCRP
P-GluD-BIL
BUNASTT-ChoHbA1c
UAALTLDL-ChoNH3
CreLDHHDL-ChoHCO3
Na,ClALPTGトロポニンT
Kr-GTPTIBC

血液検査

血算5種
 (WBC、RBC、Hb、Hct、Plt)

血液像
 (機械値のみ)

凝固検査

PT APTT FIB DDダイマー

一般検査

尿化学(随時尿、早朝尿、蓄尿)

U-UNU-K
U-UAU-Ca蛋白定量
U-CreU-iP糖定量
U-Na,ClU-AMY

尿定性

随時尿、早朝尿、蓄尿

尿沈渣

随時尿、早朝尿

免疫検査

梅毒RPR (定性)
HBs-抗原 (定性)
HCV-抗体 (定性)

細菌検査

インフルエンザ A、B抗原
尿中レジオネラ抗原
尿中肺炎球菌抗原