感染管理分野

目的

医療を提供する場で働くあらゆる人々および患者と地域住民に対し、熟練した看護技術および知識を用いて様々な場での感染やその管理に関わる医療ニーズに貢献し、看護実践を評価することで、さらなる感染管理の発展と質の向上につなげることができる認定看護師の教育を目的とする。
そのために以下の能力を涵養する。
1.患者・家族のおよび関連する組織に対し熟練した実践・指導・相談ができる。
2.根拠に基づいた看護実践を行い、看護実践の評価を基に看護の質向上および看護を発展させることができる。
3.自己研鑽を重ね感染管理認定看護師資格取得を目指し、感染管理の実践者としてモデル役割がとれる。

期待される能力

  1. 施設及び地域の状況を評価し、医療関連感染予防・管理システムを組織的かつ戦略的に構築し推進することができる。 
  2. 施設の状況にあわせた医療関連感染サーベイランスを実践できる。 
  3. 感染リスクの高い患者あるいは感染徴候のある患者を多角的に捉え、臨床推論力と病態判断力に基づ いた実践により、感染症の進行や重症化を予防し回復を促進することができる。 
  4. 感染管理分野において役割モデルを示し、看護職への指導、看護職等へのコンサルテーションを行うことができる。 
  5. より質の高い医療を推進するため、多職種と協働し、チーム医療のキーパーソンとして役割を果たすことができる。
  6. 医療等を提供する場で働くあらゆる人々や患者とその家族に対し、倫理的配慮を行いながら医療関連感染予防と管理、抗菌薬の適正使用等における実践ができる。

コアとなる知識・技術

  1. 施設及び地域の医療関連感染の予防・管理システムの構築のための知識・技術 
  2. 医療関連感染の予防と管理に関する科学的根拠を評価し、ケアの改善に活用するための知識・ 技術 
  3. 医療関連感染サーベイランスの立案・実施・評価のための技術 
  4. 身体所見を病態判断し、感染徴候がある者に対する薬剤の臨時の投与ができる知識・技術

教科目一覧

科目名 教科目名 時間数*
共通科目 1.臨床病態生理学
2.臨床推論
3.臨床推論:医療面接
4.フィジカルアセスメント:基礎
5.フィジカルアセスメント:応用
6.臨床薬理学:薬物動態
7.臨床薬理学:薬理作用
8.臨床薬理学:薬物治療・管理
9.疾病・臨床病態概論
10.疾病・臨床病態概論:状況別
11.医療安全学:医療倫理
12.医療安全学:医療安全管理
13.チーム医療論(特定行為実践)
14.特定行為実践
15.指導
16.相談
17.看護管理
40
45
15
30
30
15
15
30
40
15
15
15
15
15
15
15
15
380

専門科目
認定看護分野専門科目 1. 感染管理学
2. 疫学・統計学
3. 微生物学
4. 医療関連感染サーベイランス
5. 感染防止技術
6. 職業感染管理
7. 感染管理指導と相談
8. 洗浄・消毒・滅菌とファシリティ・マネジメント
15
30
30
45
30
15
15
15

195
特定行為研修区分別科目 1.栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
2.感染に係る薬剤投与関連
22
39


61
演習・実習 統合演習 15 165
臨地実習 150
合計時間数 801

*認定看護師教育基準カリキュラムでは45分を1時間とみなす「みなし時間」を適用している。特定行為研修は60分を1時間とする「実時間」を適用しているが、該当教科目の時間数は全て「みなし時間」で設定し表記している。

■科目の時間表記について
B課程の特定行為研修は、日本看護協会が定める基準カリキュラムを遵守している。特定行為研修省令の科目を14科目に細分化して作成している。
認定看護師教育基準カリキュラムでは45分を1時間とみなす「みなし時間」を適用している。特定行為研修は60分を1時間とする「実時間」を適用しているが、該当教科目の時間数はすべて「みなし時間」設定し、表記している。
*時間数の考え方は認定看護師教育基準カリキュラム運用基準に準ずる


担当教員からひとこと(準備中)





お問い合わせ先
昭和大学認定看護師教育センター事務室
TEL :03-3784-8794
E-mail:showanintei@nr.showa-u.ac.jp