カリキュラム・シラバス


カリキュラム

年次に応じて基礎と専門をバランスよく段階的に学べるカリキュラム

「医学とは何か」に始まり、専門科目、実習および病院実習に至るまで、基礎から臨床への一貫性のある科目構成で、医学生として求められる知識・技術・こころを身に付けていきます。
優れた教授陣と恵まれた教育・研究施設に加え、他の学部と連携した科目・実習など、本学ならではの総合的なカリキュラムです。
2022年度昭和大学履修系統図(~H31入学者)
2022年度昭和大学履修系統図(R2・R3入学者)
2022年度昭和大学履修系統図(R4入学者)



臨床基礎医科学と臨床医学の違い

からだが病気に侵されたとき。その症候と徴候を知り、病因・病態について学ぶのが「臨床基礎医科学」です。そして、これらの予後・診断・治療を臓器別に実習を交えながら、深く学んでいくのが「臨床医学」です。段階的に知と技を磨きながら、しっかりとした根拠に基づいた実践型医療を身に付けていきます。

共用試験(OSCE、CBT)

共用試験とは、4年次の後期に行われる全国医学部共通の試験です。
OSCE(Objective Structured Clinical Examination)は、模擬患者を対象とした基本的技能・態度を評価する実技試験。CBT(Computer Based Testing)は知識・問題解決能力の客観的評価を行うパソコンでの試験。

臨床実習に備える診断系・治療系実習、基本的診察技法実習(4年次)

4年次後期から始まる臨床実習(BSL=Bed Side Learning)の事前学習が4年次の診断系・治療系実習と基本的診察技法実習です。画像診断や救急措置、基本の診察術について、最新設備を備えたスキルス・ラボなどを活用しながら、実習形式で学んでいきます。

希望する診療科で臨床実習<クリニカル・クラークシップ>

6年次のクリニカル・クラークシップ(診療参加型臨床実習)では、自分が希望する診療科を選択して臨床実習を行います。海外提携校での臨床実習も単位として認められます。
医学部生理学実習生理学実習医学部臨床実習1臨床実習(昭和大学病院附属東病院 糖尿病・代謝・内分泌内科)医学部臨床実習2臨床実習(昭和大学病院 呼吸器・アレルギー内科)


カリキュラムの特徴

1年次 医学とは何かを身にもって知り豊かな人間性を養う

医療・福祉施設の現場を小グループに分かれて見学・体験します。現場で働く医師や看護師、医療スタッフ、そして患者さんを自分の目で見ることで、学習への意欲を高めます。事前にグループ討論で見学ポイント・目的を整理し、終了後は体験内容について報告会で発表。
グループワーク形式により、一人ひとりが問題意識を持つとともに、コミュニケーション能力を身に付けます。その他にも医化学実習では採血シミュレーション(腕の模型)を使った採血練習を行うなど、2年次から始まる専門科目に向けた貴重な体験学習です。

2年次 人体の組織と生理を理解し基礎医学の領域を学ぶ

病気や痛みの状態を理解するには、まずからだの正常な状態を知らなければいけません。2年次から始まる基礎医科学の分野では、人体の構造(組織学)と機能(解剖学、生理学)、微生物学、生化学、病理学、薬理学など、病気の診断と治療を行う上で、重要な基礎医学を学びます。
例えば、前期に行われる「組織学実習」では、上皮や筋、神経、各臓器や器官といったからだの組織について顕微鏡を用いて観察します。細胞組織をスケッチしながら、それらの特徴的な構造と機能について理解していきます。

3年次 人間の病気と障害への理解を深め基礎医学から臨床医学へと進む

何かの症状を抱えたとき、患者さんがまず行く医療機関は、大きな大学病院よりも、近くの一般医や家庭医です。こうした地域に根付いた医療の現場を知ることは、プライマリケアを学ぶ上でとても重要です。「地域医療実習」は、大学外の地域医療の現場に赴き、医療活動に自ら触れ、感じて、考えるという過程を踏みながら、診療所の役割や在宅診療の現状、患者さんや看護師とのコミュニケーションを学ぶ実習です。将来、医師として地域の医療や保健を実践するために必要な知識と態度を、体験を通じて身に付けます。

4年次 患者さんと病気を中心に据え多彩な実習で診断と治療を把握する

4年次の前期に行われる「治療系実習」は、後期に行う臨床実習に向けた基本的な治療手技を身に付ける場です。清潔操作と一次創傷処置、一次救命処置(脳心肺蘇生)の基本的手技について理解し、模型を使って、6、7人の小グループに分かれ、それぞれの実習をローテーションで回ります。各附属病院の教員がスキルスラボや医療現場で実習を行います。これまでに学んだ知識をアウトプットし、自分の実践的課題を見つける貴重な実習です。

5年次 本学独自のカリキュラムにより密度の濃い臨床実習を行う

4年次後期から始まる臨床実習は、5年次が中心となり昭和大学病院、藤が丘病院、横浜市北部病院で行われます。内科系・外科系・病理系・社会医学系の各科の指導教授のもと、患者さんと接しながら臨床医学のすべての分野を学びます。毎週土曜日には実習に即した臨床講義・総合講義も行われます。
また、近隣の消防署の救急車に同乗し、救急医療の体験実習も行います。病院への搬送業務や救急措置など、救急医療の現場に立ち会い、救急隊員や患者さん、救急隊員と病院との連携など、チーム医療の大切さを体験します。

6年次 クリニカル・クラークシップを経て医師国家試験に向けて綿密に準備

6年次の4月から6月には附属病院の各科をはじめ、国内外の他大学や医療機関など、希望する先でクリニカル・クラークシップ形式(診療参加型臨床実習)の選択実習を行います。
その後、夏休み明けから10月まで、「集中講義」によって、臨床医学・社会医学の総まとめを行います。国家試験に備えた、6年間の集大成の密度の濃い講義です。


TOPIC

進化し続ける、癌治療の可能性

乳癌は現在女性の癌の中で最も頻度の高い癌腫です。乳腺外科医は乳癌の検診、診断、外科手術、薬物療法まで総合的に担う役割を果たしており、幅広くアプローチできるのが魅力です。
私自身は国立癌研究センター乳腺外科で長く在職していた経緯があり、これまで3000 件以上の乳癌の手術に従事しており、手術を正確に行うための画像診断が主な研究テーマでした。
近年では、薬物療法の効果予測、新しい乳癌画像機器評価など研究の幅が広がっています。また目の前の患者さんに寄り添うとともに、診療のための臨床試験や新薬の治験は欠かせません。
これからの医療を担う学生・若手医師には世界に向けて日本からの新しいエビデンスを発信できる力も伸ばしてほしいです。
また乳癌に関連して、遺伝性乳癌、妊孕性温存などの多面的アプローチも必要となっており、他科、多職種とのチーム医療の観点も重要です。
医学部TOPICS昭和大学医学部 外科学講座 乳腺外科学部門
准教授 明石定子
医学部TOPICS02乳がん手術の執刀


シラバス