第46回心筋生検研究会学術集会のご案内

 日時・会場

cabic_46th_slide_v2
(1)日時 :
 
  学術集会
   2024 年 12月  6日(金)

     Heart Hands-on (ウェット・ラボ) 
           
2024 年 12月 7日(土)
 
(2)会場 :  昭和大学上條記念館    
          東京都品川区旗の台1-1-20
  東急池上線/大井町線 旗の台駅 徒歩7分
     
  口演会場:4階 「赤松 A」/ 「赤松 B」
  ポスター会場 :地下1階 「富士桜」
  懇 親 会  会 場 :地下1階 「富士桜」
          Heart Hands-on :4階 「赤松 A」/「赤松 B」  
                                              ☜ New!!!   Hands-on も上條記念館で実施します!


心 臓 血 管 病 理 学 に 関 す る 演 題 を 広 く 募 集 い た し ま す
ポスターダウンロードはこちら⇒  第46回心筋生検研究会ポスター.pdf


事務局の都合上、宿泊予約の斡旋はありません。
都心部の年末の週末ですので、参加予定の方は早めの宿泊予約をおすすめします。
会場(旗の台)周辺はホテルがほとんどありません。五反田、大井町、品川駅付近のホテルがアクセスがよいと思います。


会長挨拶

  第 46回心筋生検研究会学術集会を令和6年(2024年)12月6日(金)、7日(土)に開催させていただくことになりました。昨年と同じく対面での開催を予定しており、昭和大学創立90周年の2019年に開館した上條記念館で皆様をお迎えし、活発な心臓血管病理学の意見交換が行われる事を期待しております。今回のテーマは「その心臓は何を物語るのか?」としました。私は一病理医として多くの病理解剖と法医解剖に携わり、胎児から老年期まで多くの心臓の病理形態変化をみてきました。心内膜心筋生検はその中の経験の一つですが、その小さな標本の所見から、その方の心臓がどのような形態で、どのような病態にあるのかを正確に把握する必要があります。これには肉眼を含む心臓の全体の病理形態の理解も必要であると思います。これをふまえ、今回は1日目の学術集会とともに、2日目には心臓の肉眼解剖・病理像を実際に手にとって観察できるhands-onセミナー(ウェットラボ)も開催する予定です。両日ともに多くの参加者のご来場を期待し、「その心臓が物語る」多くの所見をみていただき、心臓形態学に関する知見をさらに深めていただける学術集会になるよう準備させていただきます。

昭和大学医学部法医学講座 松山高明





日程表
Hands-on の日程も決まりました。

こちらをクリック ⇒ 日程表.pdf



プログラム

 1. 一般演題 (口演、ポスター)

 2. Young Investigator Award (YIA)

 3. シンポジウム

   
シンポジウム I :<学術企画委員会特別企画>

         心内膜心筋生検(EMB)の臨床・病理のcase discussionの現状と課題  

       ― 病理所見をいかに伝え、理解するか ― 

             心筋生検は病理医からすると患者背景を理解し、それがどのように組織所見に
             関連し、どのように報告するかはいつも悩むところである。この問題を打開
             するには依頼する臨床医と報告する病理医側とのディスカッションが重要で
             あると考えられるが、その方法は各施設間で問題となるところである。現状、
             どのような case discussion が各施設で実施されているか、経験豊富な施設や
             新たに院内での取り組みを行った施設の実情を呈示していただき、今後どのよう
             にするのが理想的であるのか議論したい。

   シンポジウム II:「どう依頼する?」「どう報告する?」形態では語りにくい
            心疾患の心筋生検  (部分公募)
            このシンポジウムでは「肺高血圧症」、「頻脈誘発性心筋症」「たこつぼ型
               心筋症」「糖尿病関連心筋症」「弁膜症性心筋症」「緻密化障害」など、
               必ずしも稀な病態ではないが、心筋生検ではその評価・報告に難渋する疾患
               について議論します。これらの臨床診断で心筋生検を依頼した経験、心筋生検
               の所見を報告した経験を呈示してください。

 4. 特別講演 
(詳細は決定次第表示します)

 5. 共催セミナー: ランチョンセミナー、スイーツセミナー 

    (詳細は決定次第表示します、日程表をご覧ください)

 6. Virtual slide consultation

    稀な症例でなくても、診断に憂慮する症例について、virtual slide で示説して議論します。
      本会において多くの心筋生検に携わる研究者の意見を聞く事のできる discussion の場を

      設けます。Virtual slide のデータまたは、スライドガラス標本を当方にお送りいただく
     必要があります (標本は学術集会後に返却いたします。データについても責任を持って削除します)。


Heart Hands-on (ウェット・ラボ)  <12月7日(土) のみ>

 心臓標本を手に取り正常構造~諸心疾患の肉眼構造、肉眼的変化を学びます。
 参加ご希望の方は、会場の都合上、本会の参加登録時に Hands-on への参加の予約をしてください。

 <参加希望が多数の場合は入場制限などを実施する可能性もあります>
 追加の参加費はありません。
 
 以下の内容の展示・講習を予定しています。
 
 1. 正常構造の心臓 (長軸断面像, 短軸断面像, 4腔断面像など)

 2. 心筋症の心臓 (虚血性・非虚血性心筋症・二次性心筋症)

 3. 
弁膜症の心臓

 4. デバイス治療後の心臓 [不整脈治療後 (カテーテルアブレーション,

   ペースメーカデバイス),弁膜症治療後 (人工弁, TAVI など)

 5. 刺激伝導系の組織構造

 いずれも心臓病理学に関する貴重な標本を用いて実施します。
 各標本の見方を説明する short lecture も実施する予定です。


参加登録(6月10日~11月22日)

 参加申込みフォームはこちら

懇親会登録(6月10日~10月31日)

※必ず加登録を完了してから、懇親会の参加登録・決済を行ってください。
表彰および活発な討議の関係上、YIA演者およびポスター発表者は、懇親会にご参加下さい。
 
懇親会登録フォームはこちら

演題登録(6月10日~8月9日)

心筋生検に限らず、心臓血管病理学に関する演題を広く募集いたします。
 ・  一般演題(口演、ポスター、YIA)では「基礎研究」も歓迎いたします。
  ・  シンポジウム II,  Virtual slide consultation もこちらから応募してください。

  ・ 一般演題(ポスター)で採択された場合は、2 分間で発表内容概略をスライドで発表する
    Rapid poster presentation を別に実施する予定にしています。

演題登録フォームはこちら

抄録はこちらのWordファイルをダウンロードし、アップロードください。
抄録集原稿テンプレート.docx






アクセス

・旗の台駅(東急池上線/大井町線)から徒歩7分
・西小山駅(東急目黒線)から徒歩12分
 当館は駐車場がございません。
 お越しの際は公共交通機関をご利用ください。