ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 東洋医学科

東洋医学科

客員教授
石野 尚吾

西洋医学が得意とする疾患・病態がある一方で、不定愁訴・慢性化した症状・多くの病態・症状の重複などは漢方医学が力量を発揮しやすい分野です。
平成14年7月、「漢方外来」が病院長直属のかたちで診療施設として昭和大学病院に開設され、平成25年7月より東洋医学科として、独立した診療科となりました。当外来は「現代医療の診療を尊重し、その上で漢方医学の利点を生かした治療を行うことをモットーとしています。すなわち現代医療のなかで漢方治療の効果をよりよく生かす」という基本姿勢で診療に励んでいます。

診療科概要

当科の概要をご紹介します。

詳細はこちら

主な対象疾患

当科の主な対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当表

当科の外来担当表をご紹介します。

詳細はこちら

診療担当医紹介

医師名 役職 専門分野 資格
石野 尚吾 客員教授 産婦人科および内科一般 日本東洋医学会認定漢方指導医・漢方専門医、日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
堀部 有三 兼任講師 神経内科領域および
内科一般
日本東洋医学会認定専門医
石野 博嗣 兼任講師 産婦人科および内科一般 難病指定医、日本医師会認定産業医
岩波 弘明 助教 神経内科領域および
内科一般
日本内科学会認定内科医
時田江里香 助教 耳鼻咽喉科領域および内科一般  日本耳鼻咽喉科学会専門医

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8