歯周病科

診療科長 教授
山本 松男

歯周病は、歯垢(デンタルプラーク、口腔内のばい菌)によって歯を支える歯茎に炎症がおき、歯茎が腫れたり歯がぐらぐらしてくる病気です。放置すれば抜歯せざるを得なくなります。歯を支える土台の部分ですので、歯を悪くさせない為だけではなく良い入れ歯や被せもので治療するためにも、歯周病の治療は欠くことができません。また、むし歯と違って歯茎は削ってつめる ことが出来ないので、治っていくのに時間がかかります。 歯磨きとは、白い歯だけではなく、歯のはえぎわのばい菌を除去することでもあります。普段のブラッシングの回数や上手さ、噛み  合わせなど多くの要因が関わるために、治療は数回で終わることもあれば、症例によっては1年近くかかることも珍しくありません。歯科医師も一生懸命治療に当たりますが、患者さんご本人の歯の手入れに負うところが少なくありません。
診療台に座って歯科医師の治療を受けるだけでは治りません。歯科衛生士からも正しいブラッシング方法を習い、ご自身が毎日口腔内や歯の周りのプラークをとる、つまり丁寧なブラッシングを続けられることは欠くことができません。適切な治療と丁寧なブラッシング習慣がそろって初めて歯周病がよくなっていきます。
最近では、歯周病は糖尿病の第6の合併症であるとされ、逆にひどい歯周病により歯周組織から入ったばい菌やその成分は予想以上に動脈硬化症や糖尿病などにも影響をしているかもしれないという報告が増えてきました。
歯・口のためだけでなくからだ全体の健康にとっても、気を配っていきたいものです。

診療科概要

当科の概要をご紹介します。

詳細はこちら

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当表

当科の外来担当表をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学歯科病院 All Rights Reserved.
〒145-8515 東京都大田区北千束2-1-1